敏腕ジャーマネの黒い手帳©︎

2018年6月、再びホームの柴又で沈み『ウルトラのパパ』の称号を剥奪される。フルは5時間55分の自己ワーストを爆進中。いつも関門時刻に追われる手負いの最終ランナー。POWERED by YOGA

【青梅マラソン☆ビリっけつw】

私と青梅マラソンの誕生年は同じです。そして私の青梅デビューは高校の陸上部時代に遡ります。


青梅マラソンの想い出は海より深く、風が吹こうが、雪が降ろうが、私に青梅を走らない選択肢はありません。経験だけは筋金入りです。
(空白の7年間有りw)


今年の青梅は失格寸前のゴール閉鎖時刻5分前にフィニッシュラインへ飛び込むのが精一杯。37年前の青梅デビュー以来、史上最悪の自己ワースト☆ナンバーワン。


結果は初めから予測済みだったので、ご一緒した皆さんには、ゴール後は私のことはいいから絶対に待たないでね!と、スタート前に念を押したのに、「打ち上げの店に早く来て!」「今どこ?」とメッセージや電話の嵐。
(有り難いことですが、私は人を待たせることが超苦手w...)


あーあ、お開き直前の打ち上げの末席に呼ばれて、また今日も肩身の狭い思いをするのかぁ。ほぼ徒歩のキロ8ペースだったのに、救護所でアイシングとテーピングのぐるぐる巻きを処置してもらったので、左足は靴下も履いてないし、もう超カッコ悪い。誰にも会わずに一人で家に帰りたい。。


ぬわーんちゃってww


もう今の私は「それがどーした?」って感じ。そう簡単には感情に振り回されない『強いココロ』をすでに身に付けちゃいました。


皆さん、PBやらサブなんちゃらに血眼になってタイムを追い求めてるけど、もし明日、突然走れないカラダになっちゃったら、メンタル大丈夫?って、逆にこっちが心配しちゃいます。


もちろん記録も大切ですが、それよりもはるかに大切なモノが青梅にはあって、昔から脈々と継がれ、半世紀以上も私たちを歓迎してくれる人たちと風土が残っているということ。


青梅は応援する側のレベルも高く、沿道からはランナーの気持ちを知り尽くした、ズドーンと胸を撃つ熱い声援が飛んで来ます。


走って『楽しい』『感動的』『今も昔も変わらない』『伝統的』、そんなロードレースの世界が今もあることを青梅は証明しています。


私は青梅マラソンに無限の敬意を抱いています。そんなバリバリの青梅フリークである私からのメッセージ。。


『Do They Know It's OME』



この満面の笑みで「さあ、まだ行けるよーっ!」って、高橋尚子さんにハイタッチされたら、脚が痛くても絶対に行くでしょ。市民スポーツの底力ってコレですよね。


もう辛酸舐めまくりのランニング人生。それでも私は楽しく走ります。他人は他人、自分は自分。


これが青梅マイスターの余裕ですw



ミスアライメントで何ちゃら!とか言わないでよ笑笑


とにかく耐えなきゃいけない時は、高杉晋作の本を読むに限ります。『苦しいという言葉だけは、どんな時でもよそうじゃないか』by 高杉晋作


洗濯屋さんのおばちゃん、今年もありがとねーっ!
また来年も気立てのいい友だち連れてくるよ。
だから風邪ひかないでねー!!


いよいよ本命レースを迎える皆さん、
レースを楽しんで来てください。


今週末の私は、国府台球場でビールと飲みながら、スタンドの長ベンチで片肘を突いて横になりながら、皆さんを応援しています。


「さあ、行けるよーっ!」



おわり

【Athlete Yoga 道場 in 恵比寿】エントリー開始

【お詫び】

すみません。
原因不明なのですが、Athlete Yoga 道場 公式ブログ©︎の閲覧が出来なくなっています。

私のブログから再エントリーさせていただきます。
ゴメンなさい!!


☆★☆★☆

【Athlete Yoga 道場 in 恵比寿】のエントリー開始です。今回はカナ先生の母校スタジオで開催するプレミアム企画。収容キャパシティをさらに拡大し、先着順22名様の大募集!


Athlete Yoga道場は、市民アスリートさんを応援したいという想いから、レッスンフィーはお友達価格のゼロ。施設使用料だけを参加者で分担する仕組みです。


男女混合クラスですが、女性の方や初めて挑戦される方でも、安心してご参加できる配慮を行なっています。


こちらからの指示に従って頂けるフェアでマナーの良い善良な方でしたら、どなたでもウェルカムです。皆様のエントリーを心からお待ちしています。


それでは皆さん、恵比寿でお会いしましょう。


【Athlete Yoga道場 in 恵比寿】

◾️テーマ → 体幹&骨盤調整

◾️日時 → 3月20日(水)

◾️会場 → JR恵比寿駅から徒歩圏内のスタジオ
(詳細は参加者の皆様に個別連絡します)

◾️会場オープン → 18:30

◾️レッスン開始 → 19:00

◾️レッスン終了 → 20:30

◾️懇親会 → 21:00~2h

◾️費用 レッスン →1,000円、懇親会 → 4,000円


★ エントリーはこちらから。。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

体幹&骨盤調整☆Athlete Yoga道場 | 調整さん


【おねがい】

① 初めてご参加の方はエントリー後、ジャーマネまでメールやTwitterのDM等でご連絡を下さい。会場や緊急連絡先をお知らせします。

② 私設イベントにつき、スポーツ保険等のご用意がありません。レッスン前に同意書へサインを頂きます。無理をなさらず怪我の無いようお願い致します。

③ お貸し出来るヨガマットは数に限りがあります。不足する場合は、女性→ 初めての参加者 → 経験の浅い方、この優先順位でお貸しすることをご了承ください。

④ このイベントは営利目的ではない為、ご連絡なき欠席、やむを得ない理由以外の直前キャンセルは、裏方の台所事情に響きます。可能なかぎりご配慮をいただけると助かります。


☑︎ kana


個別のご質問、お問い合わせはこちらへ

イチカワ☆ジャーマネ
starwalker1965run@gmail.こむ
ドメイン → comに替えてください)

TwitterのDMでもOKです。
検索 →『敏腕ジャーマネ』で引っかかります

【お祝い】つら〜ず☆園子さん

昨年末、はてなランナーズ納会2018の公式スポンサーとして大変お世話になりました、元祖☆美ジョガー軍団の統率者☆土田園子さんが、脚つり予防サプリメント『つら~ず』の製造・販売会社の代表取締役に昇格就任されました。


天性のリーダーシップで、園子さんが経営トップまで上り詰めたのは、至極当然のことなのかも知れません。


今回のたくらみは、キレキレで仕事が出来る久美子さんと美里さんが、昨日2月14日(木)の終業後に、社長の園子さんを飲みに行こうとフェイクで誘い出しました。


何も知らずにノコノコと後ろからついて来る園子さん。到着したお店に入ったとたん、新社長就任のサプライズパーティー会場の主賓席に座わらされるというフラッシュモブ的な大作戦ww


こんな計画が水面下で極秘裏に進められ、私にもぜひ参加して欲しいと、昨年の暮れに久美子さんからお誘いを頂きました。当日まで絶対に内緒という約束で…



作戦は大成功。昨晩は都内某所にて、医療界の皆さま、複数のランニングクラブの皆さま、『東京夢舞いマラソン』のコアメンバーの皆さま、といった園子さんの広い交友関係により、華やかなサプライズパーティーとなりました。


スポーツイベントとして『2018年グッドデザイン賞』を受賞した、公的補助金に頼ることなく『都心を走ろう、3万人で』を合言葉に、誰もが楽しめるフルマラソン大会を、19年間にわたり連続開催されているのは、園子さんたちの活躍があってのことなのでしょう。



なお、この大会が東京マラソン誕生のきっかけとなったことを皆さんご存知でしょうか。もし当時の石原都知事が動かなかったら、違うカタチで東京マラソンは誕生し、事実上のチェアマンは園子さんだったかも知れません。かつて市民ランナーが夢見た東京都心を駆け巡る、元祖☆東京マラソンはコチラなのです。


なお園子さんは、都庁前スタート→丸の内フィニッシュの東京マラソンは、私と同様に10年連続で落選しそうな破竹の勢いで、お互いクジ運に恵まれない同士です。
(笑える〜w)


☆★☆★☆

そして会場で流されたムービーに私はシビれました。
(製作した北川さんのプロ仕事に感動...)


太陽の女神☆土田園子



鍛え抜かれた身体と、
強靭な精神力で、
目標にしっかりゴールする。



人生を楽しみ、人に愛され、常に真剣。
だから、結果もついてくる。



人を理解し、許す力を持つ。
それが、土田園子。


カッコ良すぎです。もう会社社長を突き抜けて、日本のスポーツ大臣を背負って欲しい。


ラガーマンの旦那さんともお話しさせて頂きましたが、めちゃくちゃカッコいいし、園子さんは三国一の幸せモノだと思いました。



足つり予防サプリメント『つら〜ず』は、「当時の社長に何の決裁も得ず、情熱ある社員が勝手に作っちゃった商品です。。」と以前に伺ったことがあります。


☆★☆★☆

いつもお世話になってるヨガマスターといい、サプリメントメーカーCEOといい、まず最初に他人さまのことを考える人たちは、どこか突き抜けています。損得勘定では動かない。自己犠牲ではなく、自己実現を見据えているのでしょう。


やはりキラリと輝く人たちは、何かを持ってるなーと、なーんにも持っていない凡人の私は思うのでした。。



おわり

【私の靴選び】

私のランニングシューズ選びは、スピードは全く関係ない要素なので、自分のレベルと目的に合致しているかどうかだけの、とてもシンプルな選択になります。


クルマに例えたら、サンデードライバーがBSポテンザを語ってはならない。履くだけならまだしも絶対に批評しちゃいけません。設計者に対してあまりにも失礼すぎると思うのです。


これは異業種ではありますが、私が製造業で生業を立てている者だからかも知れません。私はついついディテールを眺めては、開発者がどんな思いでモノづくりをしているかという視点に立ってしまいます。


そんな私が大好きな一足の靴はトレイル用の『サロモンスピードトラック』選ぶ基準は自分に適した初心者向けであり、転ばない靴であること。これですでに連続4足目の購入になります。



この『コンタグリップ』というソールは、ウェットトラクションにめちゃくちゃ優れていて、今日みたいな関東地方の積雪路にも吸い付きます。



初心者向けであっても、不整地の下りで爪先から踏める安心感。爪先が滑ってもトゥ → ミッド → ヒールの順番で必ずグリップしてくれます。おそらく凍結路以外は万能じゃないでしょうか。



厚さも薄さも関係なし。ソールが目的に合っているかどうか。私のこだわりはそれだけです。今日みたいなユキ道には最高なのでした。


頑張ったからビール飲みましたww



おわり

【軟式陸上部☆監督はオレw】

昨晩は仕事を定時で切り上げ、私の勤務先社内のメンバーで構成される軟式陸上部の『夜の皇居練』に参加しました。


とか、他人事のように言いながら、じつは会社の軟式陸上部の監督は昨年に引き続き私が続投なんですww



ランウェアに着替えたら、大先輩の役員も新入社員も同じチームメイト。今回は来月に生まれて初めて10kmマラソンに挑戦するメンバーの1人を応援する壮行練習会でした。


練馬?豊島?のなんちゃらマラソンに出るとか出ないとか言ってたような気がする...
(人の話をよく聞いてないサイテーの監督ww)


軟式陸上部の大半のメンバーの目標は、いつの日かフルマラソンにエントリーすること!とりあえず今は皇居を歩かずに走れるようになりたいとか、そんなレベル。


ただこの軟式陸上部は部員のポテンシャルがスゴいんです。元学生ラガーマンフランカー)、元甲子園球児、スイムとバイクでトップ集団をキープして、いつも最後のランで沈むへたれトライアスロニスト、今日の練習会は欠席でしたがキャプテンは大学陸上部長距離班OBなどなど。



会社が体育会気質なので、練習後は竹橋ランキューブ2Fのスタジオで、またドンちゃん騒ぎの大宴会。皇居ファンランの王道パターン。野球でもサッカーでも、なんでもそうだけど、強いチームの特徴はベンチの応援の声がデカいこと。。


年に二回、盆と正月しか走らない、たえぞうも皇居を走りました。きっと明日は赤い雪が降るでしょうw



私は良くない自分を素直に受け容れて、身の丈で楽しく走ります。ひとつの物差しで測ってはいけない。時計も見ず、正確なゼンマイ仕掛けのキロ7.5でペースメイクしてくれる仲間に感謝します。ありがとね。目指せ!!皇居一周5km40分切り。


♫ 死んでしまおぉなんて、悩んだりしたわ、バラもコスモスたちも、枯れておしまいとぉ〜笑


人生いろいろ。RUNもいろいろ島倉千代子。古っww
自分自身が私の新しい挑戦を楽しみにしています。


最後に...
チキショーっ!
たえぞうにブチ抜かれたーっ!!



ま、いっかww
後輩たちよ、オレの屍を踏んで行けっ!!


おわり


☆ 『Athlete Yoga道場』に関する情報発信は、本ブログから分離独立しました。今後こちらのサイトで告知記事を掲載する予定はありません。このブログはチェックしなくても大丈夫ですよ〜。ご興味がある方は公式インフォメーションブログをご覧下さい。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

Athlete Yoga 道場 公式ブログ©︎

【重要なお知らせ】大人気 Athlete Yoga 道場について

本ブログをご覧になられて『Athlete Yoga道場』に興味がある皆さまへお知らせです。


『Athlete Yoga道場』に関する公式インフォメーションブログを開設しました。今後のご案内はこちらに集約して移行します。


⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

【ハッピー♡NEWS】Athlete Yoga道場 - Athlete Yoga 道場 公式ブログ©︎


次回の開催予定やエントリーに付きましては、こちらの公式インフォメーションブログをご覧ください。


これは予想外に反響が続く『アスヨガ』の、大切な告知情報が埋もれないようにするため施策です。


...ということで、今後こちらのブログは平日の皇居、週末の市川橋から柴又、水元公園あたりをホームとする、ヘナチョコ☆ファンランナーのお馬鹿ブログ専用サイトとなります。



好きな人はこっちの方が好きかもねw
どっちも宜しくお願いします。



おわり

【羽田発✈︎伊丹経由✈︎館山行き】自業自得のドクターストップ

正直なところあまり振り返りたくないのですが、今回もご心配をお掛けしてしまった方々がいますので、長文になりますが一回で書き残します。


私は関西アスリートヨガ道場のサポート役と、館山若潮をセットにした3泊4日の遠征計画を企てました。しかし昨年の秋以降、持病とケガでまともな練習などしていません。


着々と大会に向けて準備をされている方々には失礼であり「私も館山若潮に出ま〜す!」みたいな気持ちになれませんでした。参戦表明もせず、同じレースを走られた皆さまには不義理をしました。ゴメンなさい。


とりあえずフルを翌日に控えた遠征先の大阪で、キリッとした冷気に包まれた土曜の朝、大阪城をクルッと一周だけして、レース前日のアップに充てました。


伊丹から一気に羽田に戻って、空港のターンテーブルで預け荷物を受け取り、ここでヨガマスターとお別れ。がっちり握手を交わして、ここで前半ミッション終了。


☆★☆★☆

羽田からは私ひとり旅。空港で出発まで2時間待って館山駅行きのエアポートリムジンバスに乗車。カラダをバックシートに預けた瞬間、関西遠征を無事に終えた安堵感で一気に深い眠りに落ちました。サポート役でしか働いてませんがw


爆睡中にリムジンバスは羽田からアクアラインを抜け、房総半島を南下。終点ふたつ手前の停留所、すっかり陽が落ちた館山道のハイウェイオアシス富楽里で降車。



SAに着いたら電話して!と宿のおばちゃんに言われてましたが、ここはドコモ以外は全く通じない山の中。すでにあたりは真っ暗闇でビビりましたが、社用スマホに救われます。


しばらく待っていると、いつもお世話になっている宿のおばちゃんが、軽トラのヘッドライトのバッシングでお出迎え。おばちゃんのドライビングは、トップからサードのシフトダウンで、グリッピングを一発ぶぉぉーん!と入れるクセが私と全く一緒w


宿に到着すると、今から13時間後にはスタートの号砲なのに『今年もよく来たね』と親父さんの今朝の釣果、ヒラメのお造りで酒宴となりました。『明日はレースなんで遠慮しま...』とか不粋なこと言ってる場合ではありません。自制しながらお付き合いw


それでもおばちゃんは翌朝、ぴったり6時に私の泊まる部屋まで朝ごはんを運んでくれて『頑張って!』と私を岩井駅まで送り出してくれました。ジェルとかの準備も忘れていて、ミカンをもらって代用しました。重たいけど、ま、いっか笑笑



☆★☆★☆

あわただしい行程となりましたが、今年も館山若潮の会場、館山市民運動場に到着。その瞬間、赤十字フラッグが掲げられたメディカルテントが視界に入り、普段から服用している降圧剤を大阪に向かう時点から忘れていることに気付きます。


レース前の血圧測定は主治医と交わした絶対的な約束。ためらわずメディカルチェックを行ったところ案の定、上は200超え。着用していたタイトなインナーシャツを脱いで再計測。それでも192/110を叩き出し、看護士さんがドクターコール。



ドクターと面談の結果、参加取り止めを勧められましたが、日頃から主治医の指導を守り、心拍数の上限管理をしていることを説明し、自己責任でカラダが温まるまではウォーキングでスタートし、無理をしないことを約束して最後尾に並びました。


結果はご覧の通り。スタートからしばらく歩き、ウォームアップ後は心拍数をウオッチしながら走り出しますが、段差や凹凸を踏むと徐々に左脚の甲に鈍い痛みが走り、3時間以上かかって閉鎖された中間地点の関門に辿り着きレースを終えました。



宿に戻って、宿のおばちゃんにひどい惨敗を報告。するとニコニコしながら大量の野菜を部屋に運んで来て『ほらコレ持って帰って、ちゃんと栄養つけて、また来年も来なさい』の優しい一言がトドメを刺しました。もう大阪から涙腺が緩みっぱなし。


(皆さんお馴染み、私の遠征バッグの半分の物量)


私に御守りとか、キネシオテープとか、お菓子をプレゼントしてくれた関西の皆さん、ホントに有難うございます!期待に応えられなくてゴメンね!!



以前に頑固な町医者さんから『ランニング不適格者』みたいなことを言われたことを一瞬だけ頭によぎったけれど、応援してくれる人がいる限り頑張りますよ。


まずはカラダもココロも元気になること。絶対に復活をあきらめないよ。目標は落ちるとこまで落ちましたが、まずはフルマラソンの6時間切りから。。


以前の私ならグサグサに腐りまくってたと思いますが、このココロの柔軟性の変化こそ...


『POWERED by YOGA』


ただ毎年、一緒に写真を撮ってもらっていた甲冑おばあちゃんの所まで届きませんでした。それだけが心残り。今年もいらっしゃったのかな。来年は絶対に会いに行く。願いはそれだけです。いつまでもお元気で。。




おわり