敏腕ジャーマネの黒い手帳©︎

2018年6月、ホームの柴又で沈み『ウルトラのパパ』の称号を剥奪される。最近はオフィサーとして暗躍する日々。フルは5時間42分の自己ワーストを爆進中。いつも関門時刻に追われる手負いの最終ランナー。じつはヨガ大好きw

【セーフティトレイルの近未来】

トレイルランナーの力量が如実に表れるのが、富士登山、ハセツネ、北丹沢の3大レースだと教えていただきました。どれも私にしてみたら夢のまた夢のような舞台です。


私は学生時代に北アで歩荷のアルバイトをしていたので、縦走登山なら経験豊富ですが、山靴ではなくトレイルシューズを履き、ゼッケンを付けて山の中を走るような経験は最近まで全く有りませんでした。


縦走登山ではツェルトの設営があるので、どんなに遅くても行動は15時まで。山では絶対に走るな。石を谷に落とすな。水は命。明日の山行の為に18時には食事を終えてシュラフに入る。この鉄の掟が永くカラダに染み付いていたからだと思います。


私の場合、自分の実力から考慮して、トレイルは余暇のリラックスの為のレクレーションレベルに留めておくのが身の丈と冷静に判断しています。


☆★☆★☆

そんな私ですが、安定のアメ男っぷりを発揮して、この一週間で二度も、日光と高尾のそれぞれ低山トレイル中に天候が急変し、一瞬ホワイトアウトしてしまいような集中豪雨に遭遇しました。



雨支度はいつも準備しているので、すぐにシェルを着用したのですが、その時に額に掛けていたシニアグラスを落として紛失してしまいました。
(老眼鏡とも言いますw)


すると携帯していた紙地図がまったく見えなくなってしまう事態に・・・
(ただのオッサンww)



ルートファインディングを迫られるようなシーンでは有りませんでしたが、決して褒められたものではありません。中高年による低山遭難は社会的問題です。


その時、ふと思い出したのが、はてな山岳警備隊の、わたなべ隊長から紹介して頂いた『ジオグラフィカアプリの使い方』でした。


ジオグラフィカ アプリの使い方 - わたなべのトレイルラン頑張ろう日記


スマホなら指二本の操作だけで、老眼鏡がなくてもタッチパネル上で地図を拡大して確認することが可能です。


私が縦走登山に夢中だった頃は、1日に3回放送されるNHK第二ラジオの気象通報以外は、電池の節約の為にラジオの電源を常に切っていましたが、今はもうそんな時代ではありません。


私のテキトーなアイデアですが、iPhone8以降で搭載されたワイヤレス充電のチーが爆発的に普及してゆけば、例えば山小屋の屋根に太陽光パネルを設置し、小屋内のテーブルにチーを仕込む。


するとテーブルにスマホを置いただけで充電出来たりとか、技術によってより安全な社会インフラが作れるよなぁ~などと、いつになく真面目に社会のことを考えた夏休みだったのでした。


さぁ、夏休みは終了。明日から仕事です。いきなり午後半休だけどねぇ〜ww


最後になりますが、わたなべ隊長!ジオグラフィカの実戦指導、10月以降にぜひお願い致します!やはりこのアプリを使いこなすのはハードルが高いです。



おわり

【Road to ビアマウント☆後編】

ローカル都市の風俗店関係者と間違われてw、腹を抱えて笑っちゃう程、まさかの理由で改名することになった私のハンドルネーム。


その原因となった怪しいお店のHPをGoogleで検索して頂いた、はてな駅伝総監督に感謝。そこまで心配してくれるなんて、ホントに有難うございますww


イチカワパ⚫️っ娘倶楽部は本当に実在するのであります笑笑


なお複数の方々から【敏腕】を付けなきゃ!と言われたので、ジブンで名乗るのもなんですが、ブログタイトルをプチ修正いたしますww


☆★☆★☆


気を取り直して【Road to ビアマウント☆後編】です。


メンバーは前編で記載の通り、King of Runnerメテオデさんをキャプテンとするトレイル最強軍団 & 一丁前のトレラン靴を履いた初級者のワタシ。


絶対に迷惑を掛けられないので、南高尾15km程度のトレイルなのに、過剰気味な装備を迷わず選択。


私のバックパックには2.5Lの水と、朝の京王線内で飲みかけのジャスミンティ合計3.0Lという普通の人のほぼ2倍の量。自分の体力で背負える限界の重さの水を搭載w


さらに医療救護Dr.ランナー推奨の練乳チューブと大量の塩アメをポケットにねじ込みました。


高尾山口から草戸峠の登りはキツいのですが、緊張していたせいもあり、あっという間に稜線へ。


草戸山、榎窪山、大洞山と山稜を進み、一度、大垂水峠へ下り、そして再び城山、高尾山への登りを詰めて、無事に高尾山山頂へ走り込んでゴール!
(超省略☆笑)



正直なところ、mizore姐さんが素足に新品のルナサンダルを履いてきてくれたので、靴ズレ防止の為、スローダウンして私のペースに合わせてくれた感じです。



本当にいつも私が限界ギリギリでクリアできるレベルに調整していただき有難うございます。


私もルナサンダル、買おうかな。。


☆★☆★☆


そしてお目当てのビアマウントへGO!


小一時間ほど順番待ちをしたのち、整理券番号を呼ばれて、事前精算のレジ前に並びました。


私のすぐ後ろに並んでいた女性グループの方々は、一般ハイカーさんとは明らかに異なるアスリート感が漂うフレンドリーな方々だったので、ひと言ふた言、他愛のない世間話をしました。


そして後から判明したのですが、そのグループの中にいらっしゃった一人の方が、はてな山岳警備隊の、わたなべ隊長だったという奇跡ww

↓↓↓↓↓

わたなべのトレイルラン頑張ろう日記


もしかして、私と会話された野辺山Tシャツを着られていた方が、こめきちさんだったのでしょうか?


それにしてもマジで世の中狭いわーっ!


なーんてことを考えながら自宅に戻ったら、イチカワの夜空は大爆発炎上しておりました笑笑





おわり

【ため息交じりの新柴又駅】

トレイルの翌日、日曜の昼さがり、ルーチンの市川橋→葛飾橋の江戸川10kmへGO!


河川敷に日陰はなく、すでに気温は35℃を超えていましたが、私はスマホ片手でTwitter「風が吹いていて涼しいな」と軽口を叩きました。


そういう舐め切ったヤツを河川敷の神様は絶対に許さないのでしょう。


市川橋を渡って左折し、京成電鉄の鉄橋をくぐった辺りから、南風は追い風となり、体感的には無風状態。


焼肉屋さんで網に塗る牛脂のように、全身からあぶら汗が一気に吹き出しました。


やがて私がいつも熱中症の兆しで現れるゴング音がアタマの中で鳴り響き、5kmも持たずアウト。。


交通系ICカードを持っていたので、恥ずかしながら土手を下りて、肩を落として新柴又駅に向かってトボトボと歩き出しました。



このエリアは架かる橋がないので、矢切駅まで電車で江戸川を渡り、さらに市川駅行きの京成バスに乗って、和洋女子大前まで、合計360円かけて自宅に帰りました。



やはり私は体質的に暑熱順化は難しいようです。なにが人より足りないのだろうか。毎晩、エアコン無しで寝ているというのに...


そして自宅に戻ると、体力的、精神的ダメージに上乗せして、経済的ダメージがさらに倍増ww



でも後輩には思いっきり甲子園で頑張ってきて欲しいので、買いたいスーツを我慢して応援したいと思います。


もう少し涼しくなるまでは、体調を整えることに専念しよっかな。人と比較してはいけないのだww



おわり

【Road to ビアマウント☆前編】

トレイル、ウルトラ、ロード、全ての道を知っているKing of Runner、メテオデさんプレゼンツ☆ビアマウントトレイルにお誘いいただき、今年も連れて行ってもらいました。


メンバーはキャプテンのメテオデさん、荒川王子のフジヤマさん、最強ランナーのハンサムネコさん、南高尾ぐらいだとサンダルつっかけで走破するmizoreさん、同じくトレイルの鬼玲奈さん、月2回ペースでウルトラを走れるアメブロランナーのルミさん&こゆみさん。そしてなぜかヘタレの私...


ハッキリ言ってこのメンバーの走力は、私を除いて怪物クラスです。これは毎度おなじみ、私ひとりだけ、ヘロヘロになるまでミンチにされるいつものパターン...


でも事前に参加メンバーを教えてもらっていたので、絶対に迷惑を掛けてはならないと誓い、じつは二日前からRUN OFF。水場やトイレがないので水分摂取コントロールも万全の対策済み。


軽い脚を作って、土曜の朝、京王線高尾山口駅のホームに下り立ちました。



集合時間の8時30分。まずはご挨拶&ミーティング。
イチカワパパです。宜しくお願いします!」と言った瞬間、「違うだろーっ!w」のツッコミ。



「あっ、ジャーマネと言いますww」と訂正w


1回目の休憩ポイントで、改名の理由を説明しちゃいました...


チーバ県イチカワ市の本⚫️幡駅前のマンションの一室に、イチカワ⚫️パっ娘倶楽部という風俗店があるらしく、とある方から「貴方は関係者の方なんですか?」と聞かれて、イヤになったのが改名の理由ですww


ちなみに私はそんなお店を知らないし、当然ですが行ったことだってないですからーっ!笑笑


もうメチャクチャ眠いので、今日は寝ます。



つづく











【2018年8月☆Re:BORN】

イチカワパパさんは、走れないキャラだからしょうがないよね〜!とか、このままじゃ根性なしだよね〜!とか、さんざん言われ続けて、私は考えました。


イチカワ=ヘタレのイメージが浸透し過ぎて、チーバ県イチカワ市から「てめーっ、イメージダウンの落とし前をつけろっ!」とクレームが来る前に、キリがいい私の誕生月の8月より改名を決意します。



イチカワパパ』から、生まれ変わる名前は...





アハハハっ!


だってみんな、私のコトをそーやって呼んでくれるし、そう書かれるし、関西圏どころか、米国からもジャーマネって呼ばれてるみたいだし笑笑


だったらプログタイトルも一気に改題決定!


ジャーマネの黒手帳©︎ ww


世間に逆らうことなく、自然の流れに身を任せて、このまま裏方の道を歩もうと思います。決してネガティブな考え方じゃないよ〜!


☆★☆★☆

と、前振りしましたが、私のランニングメンターと共に、確実にそちらの方向に第一歩を踏み出した感がありますww


先日参戦した、千葉サマークロカンや大井夏駅伝で、満面の笑みで次々とフィニッシュするランナーさんの顔を眺めているだけで、私はとても幸せな気持ちになれることを発見してしまいました。


いつの日か皆さんに、私設ではない大会告知ができる日を夢見て、そのハードルはタイム以上に高いのかも知れません。


なにを寝ぼけたコト言っちゃってんだか...
アハハハっ!


明日は山で思いっきりシバかれて来るので、今日は皇居に寄らず、早く帰って寝ます。



おわり

【エントリー終了】第2回アスリートYOGA道場

お陰様でなんと、エントリー開始からたったの4時間で定員に達しました。つくばに勝ったかも。。


次回は日程やスタジオ会場の再検討も視野に考えたいと思いますが、びょうぶとイベントは広げると倒れるって言うしww、ビジネスじゃないんだからピュアに楽しみましょう。



沢山のお問い合わせ、有難うございました。
じゃ、仕事します。



おわり

【エントリー開始】第2回アスリートYOGA道場&ジャーマネの告白w

継続的に開催して欲しいというリクエストにお応えして、8月24日(金)東京・駒沢のスタジオを会場に『第2回フルマラソンで、あと7分を削り出すYOGA道場』のエントリーを開始します。



このアスリートYOGA道場は、現在、はてブロ駅伝チームのコンディショニングコーチ、カナ先生のご厚意だけで成立しています。


スタジオの貸切費用を、参加者で割り勘にしただけで、会場の設営準備や後片付けは、有志による協力というシンプルなしくみ。


本当はもっと都心の広いスタジオを借りたいところですが、貸切スタジオ代が高額となり、コストが上昇してしまう為、スタジオ都合による定員枠があることをどうかご了承ください。


『第2回フルマラソンで、あと7分を削り出すYOGA道場』


◾️日時 → 8月24日(金)

◾️会場 → 東京駒沢のスタジオ(詳細は個別連絡)

◾️会場オープン→ 18:45

◾️レッスン開始 → 19:10

◾️レッスン終了 → 20:30

◾️おつかれさま会 → 21:00~2h
(次回、お店を変更しますw)

◾️集金

① レッスンのみ参加の方 1,000円
(スタジオ貸切使用料の割り勘代)

② おつかれさま会のみ参加の方 3,500円
(お店で集金)

③ 両方とも参加の方 4,500円

①、③の方はスタジオで集金します。出来るだけお釣りが無いようにご準備ください。

◾️エントリーシート
↓↓↓↓↓
8月度月例アスリートYOGA道場 | 調整さん

☆★☆★☆

次はカナっちのアスリートYOGAを受講して、その感想をブログに書かれた方をご紹介します。


☆トップバッターは、はりゆうさん!
↓↓↓↓↓
(^_^;) ヨガはヨカった…(汗)。しらんけど - はりゆうの暗(あん)闇(あん)散歩

ダジャレかーっ!ww


☆カナッちのブログはこちらです。。
↓↓↓↓↓
KANAYOGA’s diary


☆★☆★☆

この企画はRUNを通じて集まった善良な市民ランナーさん向けの私設イベントです。効果を保証するものではなく、営利目的でもないので保険に加入していません。


RUNと同様に自己責任で、くれぐれも無理をしないで怪我をしないよう、当日、スタジオに同意書を用意していますので、内容をご確認の上、ご署名をお願いします。


個別のご質問、お問い合わせはこちらまで。また初めてのご参加の方は、詳細内容をお伝えしますので、こちらまでご連絡ください。

starwalker1965run@gmail.com
(ジャーマネ)



【最後にジャーマネの告白】

イベントタイトルの『7分削る』に根拠はなく、私が勝手にネーミングしただけなんです。アハハw


だって10分削るって言ったら、ガチでやってる人に失礼だし、5分削るって言ったら、僕の場合、1回トイレ我慢したら、5分なんていつでもカット出来るし(笑)だから中間の7分を取りましたww


というか、体たらくの私は、フルを7分短縮どころではなく、前走の館山から140分ぐらいタイムを削ってやる覚悟でやってやります。コレが恩返しってもんでしょう。


でもそんなことどうでもいいんです。誰がサブ何ちゃらしようが関係ないんです。皆さんにお伝えしたいことがあります。


先日、レッスン最後のシャバーサナ(屍のポーズ)で、私は意識が宇宙に飛んでしまいw、何かから解放された気分になり、悲しいことがあった訳でもないのに、鼻がツーンとなって、涙が溢れそうになってしまったのは私だけでしょうか?


人生をより豊かにする仕事。人を幸せな気持ちにさせる仕事。人を感動させる仕事っていいな!ってマジで思いました。


カナっちは事前にアスリートYOGAの文献を私費を投じて集めてシークエンスを研究し、ど素人の私たち相手に、全員の特徴をチェックされているんです。



そしてレッスン1時間前から、寡黙にウォーミングアップを開始するカナっち。



指導中の本番では、絶対にノートを見ることなく、生徒さんだけに目を配る姿勢に、私はプロフェッショナルを見ました。


ライオンはウサギを狩るにも全力を尽くす。
カッコいいぜ!カナっち!!


(しゃべり過ぎた〜ww)



おわり