イチカワパパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【お疲れリーマンのRUNシューズ】

私の場合、ランニングシューズはまだ初級レベルの領域を脱していないので、長靴と革靴以外なら、どんな靴を履いて走っても一緒です。バーゲン品で充分なのです。


でも最近はレースの時だけは、アシックスのNOOSA FF(ヌーサ)を好んで履いてます。


アシックスは昔からニューヨークとかボストンとか、レース開催地の名前を付けるのが十八番。ヌーサは豪州で開催される国際的なトライアスロン大会の地名。そう、この靴はトライアスロンのラン向け仕様なのです。



お馴染みのアシックスラインは採用されず、ド派手なカラーリングが特徴で、サイドソールには、泳ぐ人とバイクに乗る人の絵がデザインされています。



私がこの靴を愛用する理由は、1.5km海を泳ぎ、40kmバイクを漕いで、ヘロヘロに疲れた状態から走り始めることを前提に設計されたラン二ングシューズだからです。


ヘタレの私にこれ以上、優しいシューズはありません。私はこの靴なら素足で履いても、フルマラソンぐらいの距離だったら走れる気がします。


ゆっくり長く走るのが大好きというファンランナーの私にとって最高のシューズだと思います。


青梅も決定!
アシックス NOOSA FF


青梅ランナー15,000人中、この靴を選ぶ人は2〜3人かも知れません。着用率0.02%ぐらい?


すみません。アシックスさんに失礼でした!
だいだい大好きの裏返しということでww



青梅もゆっくり走ります。
宜しくお願いします。



おわり

【ミナサン⭐️コンバンワ】

ニッポンノミナサン、コンバンワ!
ワタシハ、ショーンホワイトデス(ワライ)



青梅の一週間前の週末に、革靴をオトナ買いして、月曜から盛大に靴ズレを作ったアホで〜すww



今朝、出勤前の自宅で、コーヒーを飲みながら何気に眺めていたNHKニュースに不意を突かれました。



二十歳ソコソコの若者のコメントに、とどめもなく涙が溢れ出した自分を家族に見られたくなく、お腹の調子が悪くなったふりをして、トイレに駆け込みました。


もう堪えきれず嗚咽しちゃったなぁ...


ガンバレ、世界中のアスリート!



おわり

【市川ママの涙石(なみだいし)】

私の自宅近くに、普段から走り込む坂道&階段トレーニングコースに、真間山弘法寺というお寺があります。



このお寺の参道の石段中腹あたりに、昔から言い伝えが残る涙石(なみだいし)と呼ばれる石段があります。


冬の関東平野特有の晴天の日が続き、カラカラに乾燥していても、不思議なことに、なぜかこの石だけはいつも濡れています。触ってみるとしっとり感があるんです。



地元の人は昔から知っているのですが、最近テレビのミステリー番組で放映されたらしく、世の中に広く知れ渡ることになりました。


江戸時代に日光東照宮へ石材を運んだ舟が、現在の市川橋あたりで突然動かなくなり、お役目に付いていたお奉行様が、石材を舟から下ろし、自分が檀家であった真間山弘法寺の石段に使ってしまったそうです。


そんな横領がバレない訳がなく、責任を取り、真間山弘法寺の石段で切腹した信心深いお侍さんの血と涙が、今もその石から流れ続けているとか...


そんな古い伝説がある石段ですが、この三連休の初日の朝ラン中に、私は異常事態を発見してしまいました。


ぎゃぁぁぁーっ!!



誰かイタズラで石段に何かをかけたっ!
こんなコトしたら、祟られるぞっ!!


私は怖くなってしまい、石段を駆け下りて、柴又&水元公園の20km走に逃げてしまいました。


ただその後も一日中、気がかりで仕方なく、連休2日目の朝、勇気を出してランニングで涙石に向かい、清掃しようと心に決めて行ったら、いつもの涙石に戻っていてホッとしました。



あーっ、良かったぁ〜。
すみません。それだけなんです...



おわり

【来週は青梅...】

堂々と宣言します。
愛してやまない青梅...
胸を張って、完走だけを目指します。


この7年間、フルもウルトラもタイムは失格寸前の繰り返しで、「自分にランニングなんてやっぱり向いてないや」と思っていましたが、ランニングドクターのつぶやき返しに救われました。



私の青梅のレースプランはスタートロス15分、トイレストップ3回で15分、合計ロスタイム30分を見込んで、後方ブロックの流れに身を任せ、キロ7′00″のイーブンペースで、グロス4時間でフィニッシュを狙います。


ブッちぎりのビリ争いになりますが、急がず、焦らず、背伸びせず、今、自分に出来ることから立て直して行きたいと思います。


試練の連続ですが、ハンガーノックぐせが付いてしまいました。トイレぐせ改善の試行錯誤で、食事を摂る前の朝RUNの距離を20kmまで伸ばしたらこのザマです。
バカなことしちゃいました。



現在は医師から指導されている、心拍数135制限の調整ランの日々ですが、青梅はリミット4時間だから頑張らなくちゃ。


目指せ、青梅でサブフォー
(30kmだけどww...)


青梅は恒例のベネチアンマスクがマイルールww
一年に一度、大切な雛人形を箱から出すように、マスカレードを箱から出す季節がやって来ました。



キツくなったら少し歩くかも知れません...
でも歩くときは、ムーンウォークで笑いを取ります。
青梅はお祭りなので...


青梅マラソンと私は同い年。
大会運営スタッフに感謝!
これからも宜しくお願いします。


雪降らないでね〜ww




おわり

【再始動⭐️水辺のスポーツガーデン】

先週の館山でゴールまで5時間42分もかかってしまい、グサグサ気分から抜け出せず、ヤサグレておりました。


そんな時、私に優しく救いの手を差し延べてくれたのは、やはりご近所にお住まいのスーパーウルトラウーマンでした。


「脚に優しいゴムチップのラン二ングコースをゆっくり走るから一緒にどう?」って、引きこもり状態の私を半ば強引に連れ出してくれましたww


土曜の朝、自宅近くの公園で待ち合わせて、ふたりがクルマで向かった先は、旧江戸川河川敷にある『水辺のスポーツガーデン』


そこにいた練習会の主催者と参加メンバーは...


バケモノ級⭐️2時間30分台軍団!
(最上級の敬意を込めてww)



(超カッコいい!みんな前しか見ていない)


ホントは東大検見川クロカンのコースコンディション不良による練習場所の変更って知ってました。


興味はあったんですが、参加されるランナーさんのレベルが高すぎて、正直なところ躊躇してたんです。


1,100mを3′45″ペース(キロ3′30″)で10本とか、それってアスリートの領域です(笑)


私はアッタリマエの別メニューでしたが、お誘い頂き有難うございました!アドバイスをもらった体質改善のヨガを前向きに考えてみます。



mizoreさん、ukeさん、フジヤマさんと、ただ走る側だけの立場ではなく、社会貢献を見据えた近未来のRUNの夢で盛り上がり、とても楽しかったです。


私も何が出来るか、いろいろ深く考えようと思います。
本当に有難うございました。



おわり

【館山湾に沈むの巻】

自分が不甲斐なく、この場から静かに消え去りたいのですがw、館山でお世話になった方々が沢山いらっしゃるので、恥を忍んで書きます...


先週末の館山若潮マラソンの結果。
記録 5′42′24″
ご、ごじかんよんじゅうにふん...



(アハハハっ、ブログ閉鎖レベル級)


たしか目標はサブ3.5だったはず。
目標タイムから2時間10分以上の遅れ...
過去最低の自己ワースト記録となりました。


マラソンはスタートラインに立った時点で、すでに99%結果は決しています。本番は練習のトレースだから。


ハッキリ言って、私は生理的にも体力的にも、マラソンには不適格なんだと思います。これは今だけの事なんだと頑なに信じています。


昨年末、出来るだけ苦しい思いをしたくなくて、ラクする魂胆でコースがまっ平らな高速つくばでサブ3.5を狙いましたが、結果は4時間超えに終わりました。


市民マラソンの神様は、そんなズル賢いヤツは絶対に許さないのでしょう。


今回の館山では4時間切りどころか、失格の6時間まであと17分という有り様。おまけに第1関門は閉鎖90秒前のギリギリ通過。


閉鎖時刻直前の関門では地元の方の応援でしょうか?
関門手前100mぐらいから、怒号のような熱い声援を沿道から浴び、メチャクチャな緊迫感を経験しました。
まだ10km地点の第1関門なんですが...


「行けぇーっ、死ぬ気でこえろーっ!」

「何のためにこんなとこまで来てんだよーっ!」


あの一言一句、もう一生忘れません。
(そんな...同じ千葉県じゃないですかぁw)


その後も関門閉鎖まで5分以内の綱渡りが続き、30kmでやめようと思いかけた時、「頑張れっ」と甲冑おばあちゃんが声をかけてくれました!


一年ぶりの再会です。館山若潮フルランナーなら知らない人はいないと思います。



いつも毎年応援いただき有難うございます。声をかけてくれなかったら、たぶん30km過ぎの波左間海岸で走るのをやめてたでしょう。


甲冑おばあちゃん...
いつまでもお元気で!


☆★☆★☆★☆

フルはこれがラストラン。悔しいですけど気持ちを切り替えて、初心に戻ってゼロから練習するしかありません。今は完走できたことだけがメンタルの支えです。



声をかけてくれた甲冑おばあちゃん、残り少ないナカパンを手渡しでくれたエイドのお姉さん、叱咤激励して私をゴールまで運んでくれたペーサーさん、助けてもらって本当に有難うございました!


日も暮れて真っ暗になった館山駅前で、会場から一人で歩いてきた私に「お疲れ様でした」と甘酒を差し出してくれた大会スタッフの優しさに感激。


毎年、庭の離れに泊めさせてくれる漁師さんの女将さんにも感謝。早朝からガッツリ漁師ごはんw



のび太の気分を存分に味わいましたが、その分だけ人生経験が豊かになりました。これは何事にも代えられません。


少し気持ちの整理がついたら、またノコノコと走りだすと思います。


キング牧師も、矢沢永吉さんも言ってました。
アイハブアドリーム!


情けは無用、力で奪え!


絶対に自分だけには負けたくないと思います。



おわり

【最初で最後の大会】

最初で最後らしいです。
外環開通順延のガス抜きっぽいですけど...(笑)



(今朝の日経 千葉版)

親子とハーフの部、
予定人数を上回る勢いだとか...



ハーフエントリー完了しました。


外環の開通がさらにもう1年遅れて
来年もやって欲しいぐらい(笑)


2018年3月4日(日)開催!特別開放外環道工事区間マラソン大会 | 市川商工会議所青年部


GO!市川市
調子ぶっこいて欲しいですね。



おわり