敏腕ジャーマネの黒い手帳©︎

2018年6月、再びホームの柴又で沈み『ウルトラのパパ』の称号を剥奪される。フルは5時間55分の自己ワーストを爆進中。いつも関門時刻に追われる手負いの最終ランナー。POWERED by YOGA

【エントリー開始】11月度アスリートYOGA道場

お待たせしました。11月度のアスリートYOGA道場のエントリーを開始します。


今回のメインテーマはみ〜んな苦手w
体幹を強化する『ダウンドッグ』です。
苦手意識をブチ壊す絶好のチャンスっ!


(怖っ!こんなスパルタではありません。演出ですw)


いつも思うのですが、kana先生のコーチングは、上達をサポートする為のTipsが、非常にわかりやすく具体的だと思うんです。


(以下、kana yogaブログから引用)


☆★☆★☆

それじゃ、参加者募集の前ですが、今からビビっているアナタの為に、現在は療養中で低迷のドン底ですが、週末は市民体育館のジムで、NO RUNトレーニングしている僕が、初心者のくせに生意気にもダウンドッグを解説しちゃうよw



恥を忍んで写真をアップしますので、ダウンドッグに苦手意識がある市民アスリートさんは、初心者にありがちな悪い例として是非参考にして下さい。ダウンドッグはミラーでアライメントをチェック出来ないですからね。


ヨガマスターと超ビギナーの何が違うのか、一目瞭然のカット写真を使って説明します。オレンジ色が私です。
(見りゃわかりますねw)



kana yoga©︎


一見すると、ほぼ同じポーズのようですが、三角形の頂点、丸めた新聞紙をお腹で挟むような柔軟性etc、よく観察するとぜんぜん違います。


ヨガはド素人ですが、スポーツは何でもひと通りこなす運動オタクの私が何が違うのか考えてみました。


結論から言うと...
小学校で習った力点と作用点が違うのです。


比較カットを見て、いちばん気になるポイントは私の腰が曲がっていることだと思います。誰もが心の中でそう思っているはず。だったら腰を伸ばせばいい。


しかしそれでは、フルをサブ3.5で走るにはどうしたらいいのですか?と聞いたら、キロ5で走ればいいという指導法と同じです。


自分の優位性を誇示したい驕りそのもの。上から目線ってヤツでしょう。成長途上者はTipsが欲しいのです。


これは私の推測ですが、『ダウンドッグ』をマスターするコツは、頭の位置と手首の角度ではないでしょうか。


よく見て下さい。ヨガマスターのオデコの前にはマットがあります。私のオデコの前には空間があります。もしかしたら私はもっと上半身を反らすことが出来るはずの『可動域』が使えていません。



kana yoga©︎


野球のバッティングに例えると、ペッパーでヘッドがグリップより先に出ないから、バットが走らず、しなりを使えない為、強いピッチャー返しが打てないのと同じこと。球をシバくことが出来ず凡打を繰り返す原因、ガツンというインパクトが無いドアスイングってヤツです。


またヨガマスターには、腰から肩、腕を抜けて、指先まで伸びていく弓のようなしなやかさがあります。


穏やかな呼吸で全身をロックしていないから、背中を押したら、びょんって弾むようなテンションがあるんだと思います。


一方、私は呼吸を完全に停止し、カラダをロックしています。ただ無理にポーズの真似だけして、じーっと息を殺して、苦しみに耐えているのは、アスリートYOGAの意味に於いては本末転倒でしょう。


大切なことは、私のレベルでは気持ちよい位置を探すだけでいいんです。私も休憩が出来るポイントを早く見つけたいと思っています。


そしてヨガマスターの手首の角度に注目して下さい。


緩やかな角度でキープされている手首の秘密は、手のひらに均等に荷重しているのではなく、もしかしたら手掌に沿って、Uの字型に加圧しているのかも知れません。これは私の推測です。



kana yoga©︎


腰から一番離れたところにある、カカトと手の指先をどんどんカラダから遠ざけて行くイメージ、縦長のヨガマットを手脚で押し延ばしてゆく感覚で正しいのでしょうか?


これが私が結論づけた究極のTipsです。


週末に体育館で練習して至った結論ですが、ダウンドッグは、フローリングや畳の上でやるものはなく、グリップのあるヨガマットの上で行うものだと確信しました。


ド素人の考察ですが、ちょっとぐらいは当たってるかな。今度ヨガマスターに聞いてみよっと。


ダウンドッグはお腹は凹ませることが出来るし、ランニングの基本、丹田を意識できる最高のシークエンスだと私は思います。


☆★☆★☆

前置きが長くなりましたが、詳細内容は下記の通りです。本命レース直前の方も多いので、レッスン終了後、お疲れ様会は無しで解散してもいいのですが、皆さんのメインレースはもう少し先なのかなとも思い、通常通りの二次会場を確保しようと思います。


ご興味があるランナーの皆さま、どうぞ奮ってご参加ください。。


【11月度アスリートYOGA道場】

◾️日時 → 11月9日(金)

◾️会場 → JR川崎駅から徒歩圏内のスタジオ
(詳細は参加者の皆様に個別連絡)

◾️会場オープン→ 18:45

◾️レッスン開始 → 19:10(集まり次第レッスン開始)

◾️レッスン終了 → 20:30

◾️おつかれさま会 → 21:00~2h

◾️集金
① レッスンのみ参加の方 1,000円
(スタジオ貸切使用料の割り勘代)

② おつかれさま会のみ参加の方 4.000円
(お店で集金)

③ 両方とも参加の方 5,000円

①、③の方はスタジオで集金します。出来るだけお釣りが無いようにご準備ください。

◾️エントリーシート(調整さん)

1から14まで数字が記載されている参加者欄を上書きして下さい。スタジオの収容人員から14名様の限定とさせていただきます。

↓↓↓↓↓

11月度 アスリートYOGA道場 | 調整さん


毎回のご案内となりますが、この企画は私設イベントで営利目的ではない為、保険加入等はありません。


RUNの練習会と同様に自己責任で、くれぐれも無理せず怪我をしないようご注意いただき、当日スタジオに同意書を用意していますので、内容をご確認の上、ご署名をお願いします。


またスタジオ施設の都合で、参加人数全員分のヨガマットをご用意する事ができません。


kana先生の私物を提供いただくのですが、6名分不足します。マイマット持参可能の方は、調整さんのコメント欄に、持込の可否を記していただけると助かります。


個別のご質問、お問い合わせ、また初めてご参加される方は、会場等の連絡事項がありますので、下記宛にご連絡をください。


イチカワ☆ジャーマネ
starwalker1965run@gmail.com


kana yoga©︎


→ しなやかさは簡単には真似できません。
相手はプロフェッショナルなんですからw



おわり