敏腕ジャーマネの黒い手帳©︎

2018年6月、再びホームの柴又で沈み『ウルトラのパパ』の称号を剥奪される。フルは5時間42分の自己ワーストを爆進中。いつも関門時刻に追われる手負いの最終ランナー。POWERED by YOGA

【後編】お一人様トレイル☆筑波山

昨年の12月、筑波山トレイル大会ロングの部に初参戦した私は、一登目で予測せぬ積雪路と格闘し、レース中盤で体力を使い果たしてしまいました。。


当時のへっぽこトレイルレースレポ
↓↓↓↓↓
【最終回⭐️筑波山トレイルラン編】 - 敏腕ジャーマネの黒い手帳©︎


一登目の後、北側に下りて筑波山の裾野を半周し、二登目の御幸ヶ原コースに取り付く前に、私は疲労困憊で筑波山神社の前をトボトボ歩いていました。


するとヘロヘロになってる私を見かねて、老舗のお休み処、杉本屋さんのオバちゃんと息子さんのお嫁さんが、レース中でお金を持っていないのを承知で、私におやきを焼いて食べさせてくれたのです。



「お金は要らないわよ!」「今度来た時でいいからね」と言われた事を、今日まで忘れたことはありませんでしたw


☆★☆★☆

お店の前に着きましたが、雨戸が閉まっていてお休みのようでした。あ、そっか、今日は平日だった。近隣のお土産屋さんも大半がお休み。ざんね〜ん。。



ジブリ千と千尋...に出てくるような店構えw)


しかし勝手口が開いていたので、思い切って「ゴメンくださーい!」と何度か声を掛けてみたら、奥の方から「はーい」とお母さんの声が...


わーっ、10ヶ月ぶりの再会です。



手厚いサポートを受けて復活し、感謝とお礼を伝え、再び走り出した瞬間、お店の前の神社に上がる階段で、豪快にスッ転んだ私を覚えていてくれましたww


おかげさまで無事に完走できた事と「もしかしたら、また今年の12月もお世話になるかも知れません。アハハっ!」と御礼を伝えて、持参した洋菓子のお土産を渡したら、とても喜んでくれました。


別れ惜しかったのですが、また来るね!と言って帰ろうとしたら、ちょっと待って!と言われ、つくば名産品『塩麹ちびきゅう』をもらっちゃいました笑笑



昨年こんなことを経験させてもらい、気付かされたことがあります。


一部の心無い方が、大会にエントリーして、決められたお金を払ってるんだから、多少のリスクがあっても、運営側は死ぬ気で開催しろ!とか、とんでもない間違いだと思います。


大会運営スタッフさんをはじめ、地域の方々やボランティアさんの支えによって運営されてるんだなぁ。


だから私は天候が理由で、エントリーした大会が中止になっても、絶対に文句を言いません。


地球は義理と人情で回っている。


雨オトコの私が言うのも何ですが、また週末は台風みたいです。もうこれ以上、災害が起こりませんように。。



おわり