敏腕ジャーマネの黒い手帳©︎

2018年6月、再びホームの柴又で沈み『ウルトラのパパ』の称号を剥奪される。フルは5時間55分の自己ワーストを爆進中。いつも関門時刻に追われる手負いの最終ランナー。POWERED by YOGA

【前編】お一人様トレイル☆筑波山

今日はウィークディですが、私は休日出勤の振替休暇をいただきました。


故障が続き、家で一人ヤサグレても仕方ないので、気晴らしに筑波山へ向かいました。


天気予報は、雨オトコお約束の下り坂。。
ま、いっか。。。


☆★☆★☆

朝5時起床。簡素な食事を済ませ、今にも雨が降り出しそうな曇天の中、外環道、常磐道を駆け抜け、筑波山神社入口までたったの60分。。
(自宅から高尾山口より近いw)


駐車場でトレイル靴に履き替え、軽いストレッチ後、水を500ml×2本と山地図、練乳チューブ×1個、スマホ×2台を入れたバックパックを背負いました。筑波山は低山だけどヤマはヤマ。単独行マイルールを通します。



今日は自分の脚を守ってあげたいので、トレッキングポールを使用。筑波山神社が基点となる御幸ヶ原ルートでトレイルスタート。。


(隊長ありがとねw、ジオグラフィカ使い倒すよー)


御幸ヶ原ルート名物の急階段で着々と高度を稼ぎ、上限心拍数を守りながら、70分かけて男体山山頂をクリア。



男体山山頂に到着したとたん、雨が降り出しました。すぐにシェルを着用。呼吸を整えて、男体山から女体山へトレース再開。ココはいつ来ても気持イイですね。


筑波山は首都圏では東の低山ですが、独立峰なのでスカーンと抜けた眺めは、西の高尾山より私はこっちが好きです。



ヤッホーっ!

そして...



yama yoga だぜっ!ww
三角のポーズ。。


なんちゃらアーサナ。でも爪先の向きがミス。けっこう怖かった。尻もちついたらサヨナラですw


山のてっぺんで、カーボンじゃないアルミの棒を持ってこんなことやってると、マジでカミナリに打たれて死にますので、良い子は絶対に真似してはいけませんw


☆★☆★☆

下りはシンプルに白雲橋コースを選択。お約束の胎内くぐり、弁慶七戻りを抜けて行きます。


おっ、小学生軍団とスライド。みんな元気に挨拶して行きます。関東出身の方は小中学校の遠足登山でお馴染みのことでしょう。みんなガンバレーっ!



本日、私が目指すゴールは、昨年大変お世話になった、筑波山神社の御神木の前にお店を構える老舗のお休み処、『杉本屋さん』です。


今日はその為に筑波山に来たのです。


トレッキングポールは畳んでバックパックに括り付けて、麓に向かって一気に駆け下り始めました。



つづく