敏腕ジャーマネの黒い手帳©︎

2018年6月、ホームの柴又で沈み『ウルトラのパパ』の称号を剥奪される。最近はオフィサーとして暗躍する日々。フルは5時間42分の自己ワーストを爆進中。いつも関門時刻に追われる手負いの最終ランナー。じつはヨガ大好きw

【ため息交じりの新柴又駅】

トレイルの翌日、日曜の昼さがり、ルーチンの市川橋→葛飾橋の江戸川10kmへGO!


河川敷に日陰はなく、すでに気温は35℃を超えていましたが、私はスマホ片手でTwitter「風が吹いていて涼しいな」と軽口を叩きました。


そういう舐め切ったヤツを河川敷の神様は絶対に許さないのでしょう。


市川橋を渡って左折し、京成電鉄の鉄橋をくぐった辺りから、南風は追い風となり、体感的には無風状態。


焼肉屋さんで網に塗る牛脂のように、全身からあぶら汗が一気に吹き出しました。


やがて私がいつも熱中症の兆しで現れるゴング音がアタマの中で鳴り響き、5kmも持たずアウト。。


交通系ICカードを持っていたので、恥ずかしながら土手を下りて、肩を落として新柴又駅に向かってトボトボと歩き出しました。



このエリアは架かる橋がないので、矢切駅まで電車で江戸川を渡り、さらに市川駅行きの京成バスに乗って、和洋女子大前まで、合計360円かけて自宅に帰りました。



やはり私は体質的に暑熱順化は難しいようです。なにが人より足りないのだろうか。毎晩、エアコン無しで寝ているというのに...


そして自宅に戻ると、体力的、精神的ダメージに上乗せして、経済的ダメージがさらに倍増ww



でも後輩には思いっきり甲子園で頑張ってきて欲しいので、買いたいスーツを我慢して応援したいと思います。


もう少し涼しくなるまでは、体調を整えることに専念しよっかな。人と比較してはいけないのだww



おわり