敏腕ジャーマネの黒い手帳©︎

2018年6月、ホームの柴又で沈み『ウルトラのパパ』の称号を剥奪される。最近はオフィサーとして暗躍する日々。フルは5時間42分の自己ワーストを爆進中。いつも関門時刻に追われる手負いの最終ランナー。じつはヨガ大好きw

【今さら柴又100k☆お世話になりました】

会社を休んで今日で4日目。柴又でつぶれた晩の未明に、胸にぽっかりと穴があく出来事があって、フィジカルもメンタルもフルボコにやられました〜w


柴又から帰宅直後に呼び出され、睡眠が取れない状況が24時間つづき、一生忘れられない柴又ウルトラとなりました。。


☆★☆★☆

先週の柴又100k。私はタダの完走狙いでしたが、ふたたび暑さに屈しました。奇しくも2ヶ月前、柴又練習会の杉戸ウルトラ60kで熱中症で倒れた地点と同じ場所。



お天気は平等だから、強い人は強いし、弱い人は弱い。かぶり水と水分補給は徹底していたのですが、やはり私は柴又に参戦した全てのランナーの中で、断トツのぶっちぎりで弱かった〜w


宝珠花橋直下の日陰で、大の字に倒れ、全身に水をかけてもらい、 20分ぐらい横になってからエコスポいずみ(杉戸町)まで歩き続け、38km地点の関門時刻でアウト。悲しい結末を迎えました。


フラフラ状態で歩いている時、さえさん、びあーさん、Toshiさんとスライド出来て、「頑張ってください...」と、蚊の鳴くような声でエールを送れたことがせめてもの救いです...

(オマエが頑張れよww)


さえさん「(暑さに)気をつけて!」

びあーさん「行けるとこまで頑張って!」

Toshiさんは、わざわざ立ち止まって私のことを振り返り「パパさーん!」と声を掛けていただき、本当に嬉しかったです。こんな結果でゴメンなさい。。


☆★☆★☆

それにしても私は40kmにさえ届いていないのに、自力でチップも外せず、スタッフさんのお世話になる始末。野辺山に出るとか、どの口が言ってんだよ?ぶぁーか!って感じww


ゼッケンに付いた柴又100kの完走回数を示す一つ星が泣いていました。超カッコわる〜w



☆★☆★☆

自分の体力のピークを見極めて、これがラストチャンスと覚悟し、最後の最後に野辺山に挑戦しようと決め(柴又にすり替わっちゃいましたがw)この一年間、愚直に月300km以上の練習を自分に課して、がむしゃらに頑張ってきた結果なので悔いはないです。今はとても晴れやかな気分。


予てから決めていた通り、体調不安が解消できなければ、今回が区切りとしていたので、これからは身の丈にあった大会を選んで、他人様に迷惑がかからぬよう無理をせず、制限時間内の完走を目指します。滅多に人前に現れないレアキャラになろうっと(笑)

(それって今までとあんまり変わんないかも〜w)


だけど、これだけは胸を張って言えることがあります。


今までなら収容バスでゴール地点に戻ったら、フィニッシュゲートから目をそらし、クルッと背中を向けて、さっさと会場をあとにしていましたが、現在はRUNを通じて知り合った友人のゴールの瞬間を心から祝福して、出迎えるようになった自分の姿が成長の証です。



一年間、頑張って来て良かった。皆さん、本当に有難うございました!


☆★☆★☆

柴又の翌日から会社は忌引きで、ずーっと連休中のくせに、夜はドサクサに紛れて、皇居をグルグルしているのは内緒ですw


火曜の夜は帰宅RUN途中の、野辺山富士男さんに見つかっちゃいました(笑)


ツイッターって、マジ怖ーっww


野辺山さん、スタートでの応援有難うございました。
富士登山ファイト!




おわり