イチカワパパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【ウェーブ⚫️イダー21のこと】

これは先日のツイートですが、この靴、私のような初級ランナーさんにメチャクチャ売れているみたいですね。大ヒット商品ってぜんぜん知りませんでした。



昭和時代の末期w、まだリクナビなんて存在しなかった頃、大学生だった私は、この靴を製造するスポーツ用品メーカーの新卒採用試験の面接を受けていました。


三次面接ではこれまでと違って、かなり攻撃的な面接官の方から、強烈な質問を受けたことを今でもハッキリと覚えています。


☆「なんでさぁ、ウチの会社なんかに入社したいの?」

★「えーと...」

☆「あなた野球やってたの?」

☆「じゃあウチの製品は野球用品とゴルフ用品以外は、ぜんぶB級品だって知ってるでしょ!」

★「ええーっ、ぅぁ、ぇぇぇ...」

☆「義務教育の体育の授業でしか使われない、廉価製品しか作ってないんだけど、そんな会社でいいの?」

★「......... 」


あまりに本当のことだったので、私は予想外の面接官の質問にしどろもどろとなり、数日後、あっけなく不採用通知が届いたのでしたw


それ以来30年間、ご縁のないブランドでしたが、今、こんなランナーに優しい靴を作られているんですね。


一瞬、ウルトラに最高の靴かもと思ったのですが、砂利道とか走る私には、石が挟まるし、12,000円以上もするし、ちょっともったいないかなぁ...


でも、たった一足のランニングシューズで、私はこのメーカーの印象がガラリと音を立てて変わりました。ハッキリ言って感動。。


分野こそ違いますが、私も製造業に永く勤めているので、新素材だけに頼らず、基本の構造でしっかり勝負しているところがちょっと好感です♡


私が大好きな、クルマもバイクもチャリも筆記具も共通で、ギミックではなく、デザインが構造になっている設計思想が好きなのです。



すみません。ズブのド素人が生意気を言いました。


これまで私のようなノロマが履く靴なんて、何を履いても一緒!と言い切ってましたが、ちょっと考え方を改めようかなと思います。


練習用はバーゲン品でいいかな。消耗品だもん。と思いがちですが、私はココ一番の時には必ず購入することを誓います。


ローコストだけで物事が決まっていったら、設計者の努力が報われないですもん。そうなったら世の中に良いものが産まれなくなります。


頑張れ、日本品質!
絶対負けないよ、ジャパンクオリティ!!


ギャハハ!
半分以上、仕事のグチでした。。



おわり