敏腕ジャーマネの黒い手帳©︎

2018年6月、ホームの柴又で沈み『ウルトラのパパ』の称号を剥奪される。最近はオフィサーとして暗躍する日々。フルは5時間42分の自己ワーストを爆進中。いつも関門時刻に追われる手負いの最終ランナー。じつはヨガ大好きw

【前編⭐️トレイル超初心者の高水山試走】

トレイルもウルトラもロードもOK!最強のKING OF RUNNER メテオデさんプレゼンツ、青梅発、澤乃井行きの高水山試走に連れて行ってもらいました。


メンバーはメテオデさん、原パンさん、mizoreさん、玲衣さん、途中合流のアンジーさん、そして初心者の私。


健脚ランナーのラインナップに交じって、最近フルで制限時間失格寸前の自己ワーストタイムを叩き出したヘタレが加わる典型的なお荷物パターンですw


私ひとり走力が劣りますが、本番の試走に是非!ということで、メテオデさんからお声掛けを頂きました。


降雨の翌日になる為、「私は参加を辞退した方が良いのでは...」と金曜の夜にメールで尋ねたのですが、私のペースに合わせてスローで走ってくれるとのこと。


トレイルシーズンの貴重な練習日なのに、初心者の私の面倒を見ていただき有難うございます!!


ちなみに主宰者のメテオデさんは、先週の日曜に開催された房総丘陵トレイルの年代別チャンピオンです。。


さらにスゴいのは、その帰り道に会場から自宅まで53kmの距離を走って帰宅されたとのこと。
唖然...


またまた絶句ww


☆★☆★☆


私がトレイルの魅力に引き込まれたきっかけは、昨年12月に初デビューした筑波山トレイル大会。



予期せずロングの部を完走してしまい、ロードとは異なるキツさと楽しさにハマってしまったのです。。


私はロードのフルマラソンに関しては、才能のカケラもなく、相性が悪いみたいで...ww


同じゆっくり走るのなら、進みたい方向はコッチかな?と、ちょっと思ったことは事実...


しかし試走会であっても、絶対に参加メンバーの方々に迷惑はかけられません。


私はフルでもウルトラでも、レース本番の前日だろうと関係なく、多少のお酒を飲んじゃいますが、トレイルだけは別です。あらゆる意味で体調を整えないと...


今回は試走の2日前になる木曜日からお酒を控えめにして、高水山試走の集合場所である青梅駅に向かったのでした。


(べつに意味はない青梅線の途中駅ww)



つづく