敏腕ジャーマネの黒い手帳©︎

2018年6月、再びホームの柴又で沈み『ウルトラのパパ』の称号を剥奪される。フルは5時間42分の自己ワーストを爆進中。いつも関門時刻に追われる手負いの最終ランナー。POWERED by YOGA

【古河はなもも⭐️緊急参戦決定!】

火曜の夕方、あぁーっ、今日も残業かーっ!
と、思いっきりタメ息をついたら、机の上のスマホにメール着信のお知らせが...


あっ、ご近所にお住いのスーパーウルトラ姐さんだ!
(なんとなく背すじに寒気ww)


おっかなびっくりのドキドキでメールを開くと...
なになに...


はなももウルトラご一緒しませんか?


えーっ、古河はなももにウルトラなんてあったっけ?
よ〜くメールを読んでみると...

...............................................................

...............................................................


シンプルに内容を整理すると、、、
一緒に古河はなももの応援へ行きましょう!
そう、RUNで行くわよ、60km...(唖然w)


でたぁぁーっ!


ぶっ飛びmizore大先生のご乱心。
自分で誘っておいて(絶句)だって (^_^)v


古河って、東京から新幹線とか高速道路で行くところじゃなかったっけ?


あっ、高速道路と言えば、先週もふたりで工事中の地下高速道路を突っ走っていたかも(笑)



★☆★☆★


でもよく考えたら江戸時代まで伊勢参り
日本中から徒歩ですからね。徒歩。


江戸庶民は往復260里、約1,000km、
風呂敷を肩がけで歩きっぱなし。


たかが60km、たったの皇居12周。そのぐらい何とかなるかな...ということで、


千葉県市川市から江戸川を北上し、茨城県古河市まで、はなももの応援に60kmひたすら走り続けます。


このルートは、せつなくホロ苦い思い出が一杯に詰まった柴又ウルトラ100kmの往路です。3.11に再びココを走るのも、きっと何かの定めなのでしょう。


レースに向けて自分の脚を仕上げつつ、他人である私がエントリーするレースを知った上で、練習メニューまで考えてもらっているmizoreさんに感謝。


いつもフィジカル&メンタルを鍛えていただき、ホントに有難うございます。


スパーリングパートナーとしては力不足ですが、今週末も宜しくお願いします。


はなももウルトラのルールはコレ。
↓↓↓

厳しいーっ!


★☆★ はなももランナーの皆さんへ


古河はなももにもカウベル持って行きます。
精一杯、振り鳴らして、デカい声で応援しますから耳を澄ましていて下さい!


はなもものフィニッシュシーンに間に合わなかったり、万が一、途中の道ばたでブッつぶれたらゴメンなさい。
念のため先に謝っておきます。


ゴメンね⤵︎ゴメンねぇ⤴︎ww


でも中間点を超えたら、途中に駅なんてどこにもないので、這いつくばってでも古河駅を目指します。


タイムも大切ですが、何より自分が戦ったか、戦わなかったか、私はそこにこだわります。


皆さん、頑張りましょう!



おわり