イチカワパパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【100%ファンRUN⭐️特別解放 外環道工事区間マラソン大会の巻】

毎年ロードのシーズンラストは青梅と決めているのですが、今回だけ特別に外環道工事区間ラソン大会に参加してきました。


外環道開通前の最初で最後、一度っきりのランニングイベントということで、工事関係者以外は誰も見たことが無い、未知の空間にワクワクしながら、ハーフのスタートラインに向かいます。


コースは自動車専用高速道路なので、構造上ゼッケンを着用していない人はコースに立ち入る事は出来ません。つまり観客はゼロ。


J:COMのレース実況中継を流している数台のディスプレイの前には、家族や友人の激走を一目見ようと人だかり。まるで昭和の街頭プロレス中継のようです(笑)



ここから先はランナーオンリーの世界。地下のスタート地点にスロープを降りて行く気分は炭鉱に向かう坑夫さん。土木現場好きな僕としては萌えますww


おおーっ、ランナーが地下に整列してるっ!
スゴい景色!スタート地点は一度きりのレースにテンションが上がります。



くれぐれも一回限りの最初で最後ですから、ゆっくり楽しんでね〜!とアナウンスがあってから号砲。


外環道は周辺環境を配慮した半地下構造の為、ランナーは巨大な側溝の中をネズミのごとく疾走する感覚ですw



ハーフの部のスタートから1時間後、10kmの部がスタートして周回が重なり、motoさんがトップから5番手ぐらいで私をパスします。


背後から見ても力強いフォームでカッコいい!
トップテン行けますよっ!と声を掛けます。


続いて折り返し直前ではmizoreさんとスライド。相変わらず走りが軽い!野山を跳ねる子鹿のよう。
Air mizore!


すみません。2人とも写真なし(笑)
突然すぎて準備できませんでした。


★☆★☆★


地下の換気設備も工事中の為、照明用の発電機の排気ガスがキツかったり、トイレの数が少なかったり、不満を並べているランナーの方もいましたが、私は文句無し。こんなとんでもない企画立案を実行したド根性にリスペクト。


私もどちらかと言えば、こっちの業界の人なので、普通、引き渡し前に現場を解放するハードルの高さを理解しています。



レース運営に慣れない関係者さんが、一生懸命に頑張っている手作り感が好印象でした。


★☆★☆★


私はツイッターでつぶやきながら、ハーフを走りきっちゃいましたが、これは完全なマナー違反です。
走りスマホはやめましょう。
今日はお祭りということで、どうかお許し下さい。



motoさん&makiさん、mizoreさん、今日は有難うございました!キミ兄さんのインフルエンザだけが想定外。
お大事にされて下さい。


★☆★☆★


これで私の今シーズンのロードは終了です。
シーズン当初目標はサブ3.5でしたが、1月の館山では5時間42分という豪快な自己ワーストも記録しました。


マジかーって感じ。


徐々に自信を失っていく後味の悪い終わり方になりましたが、大きなケガもなく、楽しく走り切ることが出来て、ホントに良かったと素直に思ってます。


またゼロから出直します。
皆さま、これからも宜しくお願いします。



おわり