市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【悔し涙止まらず...つくばボロボロ】

昨日は大阪、富士山、つくばで快走された皆さま、本当におめでとうございます。皆さまがアップされたブログ記事が眩しいです。


また残念な結果に終わってしまった皆さん、気持ちを切り替えましょう。私もその1人です。


私は沢山の人から練習にお付き合いしてもらったり、応援して頂いた以上、カッコ悪いけど報告します。


絶好のコンディションで開催された「つくば」は残酷な結果が待っていました...



なんと、4時間超え...


ひどい...


昨年の悔しさをバネに、3月からはウルトラ練習も取り入れて、毎月300km以上の走り込みを課し、つくば前は10週間に渡るサブ3.5の練習メニューを全クリア出来るまで練習量を上げていたのですが、悲しい結末を迎えました。


よくよく考えたら2017年に参加したフルは、年間を通じて、1度たりともグロスで4時間さえ切れずに終わってしまいました。


もう何年間、初級者なんだって言う話。


超異常血圧値もクスリでコントロールされていて、医師からは条件付きだけど問題なし。


しかしスタートしてみれば、練習で出来ているはずの、レースペースのキロ5がキツい。頸動脈を真綿で締められるように苦しい。


トイレ癖もぜんぜん治ってないし、大小5回は停まってる。やっぱり長距離センスないわ〜


レース後は一日中、メンタル的にかなり凹んでいて、再び立ち上がるまで、しばらく時間がかかるかなと思ってました。


しかし一晩明けて、無様な自分に対する怒りが湧き上がってきました。怒りはパワーになるのでいい兆候かも知れません。


悔しくて、ただ悔しくて、今日、月曜の夜から皇居に戻ります。


これからスピ練の皇居3周3段ビルドアップは、1段目を15秒繰り上げの4′45からスタートすることに決めました。


私は2週間後の筑波山トレイルレースが年内ラストランになるので、悔いの残らぬよう野山を駆け抜けたいと思います。


応援して頂いた沢山の皆さま、期待にお応えすることが出来ませんでした。本当にゴメンなさい。


今週末は湘南国際です。私が流した無念の涙を、皆さまの快走で晴らしてください。


「頼みましたよっ!」



おわり