市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【ランニングクラブデビュー初日⭐︎早くも試練ww】

今日から通い始めたランニングクラブ初日、『サブ3.5〜4を目指すクラス』に参加してきました。

f:id:ichikawa-papa:20170905215413j:image

しかし私はペーサーの入りのキロ5分30秒に付いて行くのがやっとで、皇居1周毎の1分間給水タイム終了のタイミングで、クラスの皆さんに追いつくのが精一杯...

 

ペーサーが外れたラストの3周目、10〜15kmは自分の限界のキロ4分30秒台まで上げましたが、私ひとり置き去りにされてしまいました。

 

ランステ閉店時刻が迫る中、ゴールで待って頂いたコーチとクラスの皆さんには迷惑をかけてしまい、申し訳なかったです。

 

ヘタレ全開モードで、心拍数が140を超えると、60分も持たない硝子の心臓を早くも露呈することに...

  f:id:ichikawa-papa:20170905215147j:image

(時計は止めず、1分間の給水休憩を含む)

 

でも、ひとつひとつ自分の弱点が明らかになっていく事は決して恥ずかしいことではないし、どこまで出来て、何が出来ないのか、仲間同士で共有する事は良いことだと思います。

 

これって仕事の業績目標にも共通してるよなぁ〜

 

フルに関しては、館山若潮30km地点の急坂でブッつぶれ、電柱ニ本毎に屈伸しながらゴールに辿り着くまで、4時間40分以上も掛かった悔しさをバネに、毎月300kmの走り込みを自分に課してきました。

 

そうそう、それで青空宴会に間に合わなかったんだ!

飲み物の恨みはコワいんだぞーっ(笑)

 

今はスローなら距離に対する不安は一切なく、距離耐性は着実に付いてきたと思うので、ランニングクラブ入部を、ゼロからの再スタートとする転機にしたいと考えています。

 

初心に戻って、型落ちのニューヨークも購入しました。そうコレコレ、この履き心地の安定感が私のランニングの原点です。もう背伸びはしません。身の丈が一番。

 

今日は鎖骨を軸に意識したストレッチ、片脚に体軸を乗せたストレッチなど、経験したことがないメニューに新鮮な驚きがありました!

 

自分に近い走力レベルで、初対面の方々と一緒に走るという緊張感を持って、ふたたび楽しく成長出来たらいいなと思っています。

 f:id:ichikawa-papa:20170905184059j:image

月謝と汗止めサンバイザーとエネルゲンww

超しゅーるな写真(笑)

 

それにしても同じ目標に向かって、共に走れる仲間がいるって最高だと思う。生きるってそういうことだ。

 

自殺なんかすんじゃねーぞ!

夏休み明けの悩む子どもたちに強く伝えたいっ!

生きる価値って絶対あるんだよ。

 


おわり