市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【走った距離にしがみついたら裏切られますww】

皇居の千鳥ヶ淵近くにある私の母校が、再び地区予選を勝ち抜き、夏の甲子園に出場するコトになりました。

(寄付金かよっww)

 

最近は甲子園常連校と呼ばれ、チヤホヤされ始めましたが、いつも都大会の決勝で、30年間も負け続けてきた詰めの甘さが伝統です。

 

私のRUNに関する詰めの甘さは、すべてこの学校の体育会の伝統から生まれたモノかも知れません(笑)

 

私は少し野球をかじって来た程度で、大きなコト言えませんが、キレイな球筋を投げる打撃投手が、甘いコースにストレートを100球投げ込んでくれたら...

 

100球の内、一球バットの芯を喰えば、一発ぐらいレフトスタンドにブチ込めるかも知れないと根拠のない自信を持つジブンがいますww

 

でもフルマラソンは、この先100回『つくば』にエントリーしても、一本たりともサブスリーに届くイメージは湧きません。

 

私はスポーツ万能オヤジを自負していますが、サブスリーだけは、ゴルフで100切るとか、河川敷で100kジョグるとか訳が違います。

 

ど根性だけではどうにもならない世界...

 

それぐらい市民ランナーが、サブスリーを叩き出すってスゴいことだと思います。

 

医者から指摘されてしまった、排気量の小さい心臓の私には夢のまた夢の世界...

 

負荷耐性では絶対的に人より劣るので、当面は心臓に負荷をかけず、ひたすらどれだけ脚を長時間動かせるか、8月も引き続きそこにこだわってみたいと思います。

 

f:id:ichikawa-papa:20170801075711p:image

 

そう言えば距離を踏むようになってから、全く故障しなくなってるかも...

 ただし転倒を除く(爆笑)

 擦過傷が絶えませんって...

 

子供かよww

 


おわり