市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【駅伝戦力外告知⭐︎ご迷惑をおかけします】

ショック!というか、これが実力というか...

現在まだ結果は判りませんが、左室肥大だかスポーツ心臓だかの疑いがあり、長時間ゼーハーすることを避けていますが、キロ630〜730ペースで、距離だけは毎月300km以上を走り込んできた自負がありました。

それに7月は今日まで皆勤賞。

人間ドッグの診察以来、突然医者から運動ストップと言われたら、ランオフした前日を絶対に後悔するだろうと思い詰めて、止まらなくなってしまいましたww)

f:id:ichikawa-papa:20170725184123j:image 

今週末の駅伝の前に、一度は5kmTTをやっておこうと思い、当日の気温を想定して、30℃以上ある今日の昼休みを利用して竹橋のランステへ。

皇居一周なら、キロ5以上で走れるだろうと挑みましたが、スピードはまったく上がらず、恥かしながら、キロ530が自分の限界でした。

とにかく暑くて、頸動脈を軽く真綿で締め付けられているような感覚で、半蔵門で水を頭から被ってもシャキッとしません。

サブフォーペースにも届かない550まで落としましたが、皇居一周すら完走できず、ついに大手門でメンタルフィニッシュ。

とうとう脚が止まり、しばらく縁石に座り込んでしまいました。。

f:id:ichikawa-papa:20170725184139j:image 

原因は暑さなのか、蓄積した疲労なのか、それともメンタル?

もともと私は冬でもキロ5で10km以上は走れないので、所詮こんなモノなのかも知れません。

週末はチームの皆さんにご迷惑をかけそうです。

やっぱり私は長距離を速く走る身体的能力が、著しく欠けていることは確かです。

そろそろタイム以外の楽しみ方を考えないと、結果を突き付けられるたびにヤサぐれそう。

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

タスキというカンフル剤で覚醒するコトに微かな期待を込めて、今晩は氷枕で寝てみます。

自宅の寝室にはエアコンが無く、扇風機だけなので辛い季節となりました。

やはり自分を追わなきゃ何千キロ走っても、結果は出ないというコトを悟りました。

1日10kmを30日間走るのではなく、3日に1回30km走を目指してみようかな。

時間的にムリだし、意味ないですよね(笑)

コレだけ距離を踏んでも、方法を間違えたら1分たりとも速くならないってホントに寂しい...

タスキは時間がかかっても魂で繋ぎますっ!

 


おわり