市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【ヘタレランナーの私が柴又100kを完走できた理由①】

柴又ウルトラ100k完走後、たくさんのコメントを頂き有難うございます。


やはり「プチ番狂わせ」だったんだと思います(笑)


私のPBは、10kmは50分、ハーフは2時間、フルは4時間。インターバルで1kmをキロ4で走ると、喉に血の味が広がって、ゲボしちゃうヘタレランナーですww


それでも何とか柴又100kを14時間以内で完走することが出来ました。


私のようなヘタレでも制限時間内の完走を目標とするレベルならば、柴又100kは誰でも目標達成ができると思います。


来年の柴又100k(100kの部)に初挑戦をして完走してみたいというウルトラランナーの為に、併せて自分への備忘録を書きたいと思います。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【練習】


怪我や故障など理由がない限り、月間300kmは確保しました。苦しい思いで練習したことは一度も有りません。ペースは常に630。レースペースの630のみで大丈夫。

f:id:ichikawa-papa:20170606004554j:plain


スピード練習はあまりしていません。キロ420で1km+90秒の繋ぎジョグ×5本を2週間に一回程度やってましたけど...


420で走ることより、繋ぎのジョグで時計を見なくても、常に呼吸が落ち着く630にピッタリ収まる意識だけを強く持って取り組んでました。


それから柴又100kの主催者による柴又ウルトラ練習会「ウルトラ杉戸60k」への参加。


f:id:ichikawa-papa:20170606003504j:plain


柴又100kの往路40km、復路60km付近の実際のコースを何度も繰り返して、5km×12往復したことは、100km完走の自信にはなりませんでしたが、そのエリアを知り尽くし、メンタルの余裕を得ることが出来ました。ここでも630です。


f:id:ichikawa-papa:20170606002635j:plain


さらに春日部大凧マラソンの応援では、柴又100kの往路30km、復路70km付近のコースと重なります。


バックパックにランナー応援用のエビアンを半ダース詰め込んで負荷ランを行ない、知り合いのランナーの応援と仮装ランを楽しませて頂きながら、練習をさせて戴きました。


f:id:ichikawa-papa:20170606002821j:plain


あと地元だけに柴又の砂利道は少しだけ走り込んでいました。砂利道は慣れていないと根こそぎ体力を持っていかれます。


f:id:ichikawa-papa:20170606003057j:plain


それから私は股関節が硬い為、軽く脚を振り出せるように市川市の公共スポーツ施設で、1週間に1回だけこんなトレーニングをしてました。


f:id:ichikawa-papa:20170606003158j:plain


べつにジムに通わなくても、自宅でゴムとか不用のストッキングを利用すればお手軽に出来ると思います。


そして最後に座学の講習会。


f:id:ichikawa-papa:20170606062123j:plain


本当にそれだけです。ウルトラに必要以上の脚力は不用です。


大切なのは絶対に折れない強いメンタルでした。



つづく