読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。草野球の体力強化で河川敷をチンタラ走ってただけなのに、ふと気付いたら草レースのスタート地点に立ってました。

【検見川クロカン⭐︎ちゃんと書いておこう備忘録・前編】

恥さらしを承知で備忘録として、ちゃんと事実を書いておこうと思います。


毎度のことですが、私は練習会で参加メンバーの方々のペースに全く付いて行くコトが出来ませんでした。


限られた時間内で、せめて同じ距離だけはクリアしたく皆さんのTTを横目に、私はレスト無しでひたすら走り続けましたww


つまり簡単に言えば「不整地20km走」
プラス居残り練習「素足不整地10kmダウン」
市川⇄検見川往復「チャリ40km」


ハーフでさえキロ5を切れない私が、この練習会に参加するにはハードルが高すぎって、初めから分かってるんですが、自分のレベルに見合う練習会ってなかなか無く、いつも背伸びしてお邪魔させて頂いています。


社会の常識ではフルマラソンの経験者は人口のたった0.03%以下。そのフルマラソンランナーの中でもサブスリー比率は約3%と言われているのに、この検見川では参加者のサブスリー比率が80%超の異常な世界...


自分と何が違うんだろうか?


うまくいってる人のやり方を調べる。自分のやり方を全部捨てて、うまくいってる人のやり方を徹底的に真似してみる。やはりコレが弱者の戦い方の王道だと思います。


私は背後から軽くパスされるたびに、サブスリーランナーの後姿をずーっとウォッチしていました。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


一目瞭然なのはやはり体格です。みんなスラッとしたランナー体型なのに、私一人だけグレコローマン風ww


ウェイトトレーニングで体躯の良い方もいらっしゃいますが、きっと75kgもある人は私だけだと思います。


サブスリーの方々は小柄で軽量、たぶんBMI20を切っている方が大半ではないでしょか?


f:id:ichikawa-papa:20170505143119j:plain


よく初めてお会いする方から「ブログのイメージ通りの方でしたww」と言われるのは、この隠れデブキャラが醸し出すホンワカ感かも知れませんww


ウェイトオーバー、暑さに弱い、すぐ息が上がる低い心肺機能、上体が腰の上に乗らないフォーム、極端なアンダープロネーション。


ボディが重すぎるから、上半身を支えきれなくなり、脚の怪我や故障を繰り返す...


このあたりに私がいつまで経っても速くなれない根本的な原因があるのだと思います。


f:id:ichikawa-papa:20170505232010p:plain


ハッキリ言って「マラソン不向き」の典型的なタイプなのかも知れません。




つづく