読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。草野球の体力強化で河川敷をチンタラ走ってただけなのに、ふと気付いたら草レースのスタート地点に立ってました。

【パパは父を超えられない⭐︎未だに...】

毎年12月30日の早朝は、他界した父の墓参りジョグと決まっています。お墓が葛飾の水元公園近くなので、自宅の市川から往復しても20kmもありません。朝飯前っていうやつですね。


f:id:ichikawa-papa:20161230195027p:plain


僕は産まれてから未だにインフルエンザにすら罹ったコトがない鋼鉄のカラダがあるのは父譲りです(笑)


f:id:ichikawa-papa:20161230201656j:plain


生前に父が一生を捧げた仕事は、高校の体育科教諭でした。体育大の体操部出身で、球技は全然ダメダメでしたが、基礎体力はバケモンでした。


「余命半年と宣告されて、17年間も生きた患者さんは初めてです」と主治医も脱帽していました。


こりゃ絶対に敵わねーなwww


僕が通っていた小学校では、運動会の最終種目で、小学校の先生チームと、地区別に分けたPTAチームのリレー競争が伝統競技になっていました。


そして僕の父がPTAチームのアンカーで登場すると、みんな高校の体育の先生と分かっていて、どれだけ負けていても勝負をひっくり返してくれるかもという期待で、万国旗がはためく校庭に大歓声が上がる父が眩しかったことを覚えています...


f:id:ichikawa-papa:20161230202308j:plain


明後日の元旦は、まがいなりにもゼッケンを付けて走るので、今日は飲んじゃおっかな〜。


たぶん父には一生勝てないと思います...


親孝行したい時に親はなし。



おわり