市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【頼むぜ!リリカ💜市川元旦へGOサイン】

帯状疱疹によるRUNOFFの期間が、3週間にもなってしまいましたが、RUN生活に復帰しました。


しかし、なんちゃらかんちゃらという神経の損傷で、右肩に焼けるような電気が走るような激痛が続く、難治性疼痛を引きずっての再スタートとなりました。


医療の進歩により「リリカ」というメチャクチャ可愛い名前の特効新薬(笑)と超強力な鎮痛剤で、痛みはアンダーコントロール出来ています。欧米か!(死語)


市川元旦マラソンは予定通り、ジョグペースになりますが、元日の朝のキリッとした空気の中、スタートラインに立とうと思います。


f:id:ichikawa-papa:20161228090709j:plain


しかし、強烈な鎮痛剤を3週間も飲み続けているせいか、日常生活で感じるはずの痛みも鈍感になっているようですwww


f:id:ichikawa-papa:20161228090835j:plain


皇居3周後、何ら痛みを感じず、ランステでシャワーを浴びる直前に、鏡に映った自分の姿を見て、初めて流血してる自分に気付きました。


RUNOFFで走力が落ちるのは覚悟していましたが、乳首の耐性までも落ちるものなんですかねぇ?


「乳首の耐性」っていうコトバ、一切のイヤラシさを感じなく、アスリートの香り漂うのは何故でしょうか?(爆笑)


あっ、そうだ!
それ、館山で金さんに聞いてみよ。
アハハハハっ!



おわり