市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、遂に柴又100kで、憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【つくばも激沈⭐︎日報 ①】

フルに参戦するたびに35km過ぎでつぶれ、
安定して平凡なSub4に沈む初級ランナーの日報です。

あまり役に立たないと思います(笑)
自分への備忘録として記します。


★の数は僕の独自基準、Sub4維持の重要度です。
☆はノースター(NGポイント)



★★★★★前日までの食事

→ カーボ&ウォーターローディングとか一切なし。sub40ランナーのアドバイス通り、普段通りの食生活を維持。変わったことはせず、家庭では出されたものを食べる。食事を作ってくれている家族に感謝。

へんなストレスを溜めず、家の冷蔵庫にあったボジョレーを一杯。ウソで~すっ!クォーターボトルを一本(笑)寝る前に水を一口。普段通りに就寝します。

喉が渇こうが、腹が減ろうが、国内の大半の市民フルマラソンなら、数キロも走ればエイドがあるでしょ?というアドバイスに目から鱗が落ちました。

☆AM4:30 起床

寝る前に攣り予防のお守り代わりで脚に貼ったGONTEXテープが剥がれている(笑)

→ テーピングは起床してから貼りましょう。

f:id:ichikawa-papa:20161122232005j:plain

☆☆☆AM4:40 朝食

カップうどんにティファールで沸かしたお湯をいれたつもりが、昨晩からポットに入っていた「超ぬるま湯」を入れてしまいました(笑)

→ 冷たく煮えてないゴワゴワ麺を仕方なく食べましたが、お腹が痛くなることは一切ありませんでした。あと焼いた餅を二個。それだけ。

★AM5:30 出発

→ 市川の自宅を自家用車で出発し、外環の側道を通って、三郷中央駅前のコインパークに駐車。つくばエキスプレス沿線は開発途上エリアで、最安値はなんと24時間で300円!

但し、絶対に帰宅するまでお酒を飲まない人に限ります。市川→三郷中央(15分)、三郷中央→研究学園(30分)会社に行くより全然近い!帰りは渋滞です。

★★★★★AM6:00 三郷中央駅

→ 駅構内にランナーらしき人はたったの3名。トイレもガラガラ。30分近く個室を独占しました(笑)
僕にとっては重要課題です。

☆AM6:30 区間快速つくば行き乗車

→ 南流山でほぼ平日通勤の総武線レベルの混雑度。濃霧で電車が止まるのが恐い。筑波山観光のお子さん連れ一般客さんが少し可哀想。

★★★AM7:00 つくばマラソンシャトルバス乗車

→ 運転手さんがU字工事の益子さんにそっくりでびびる。運転手席のプレートの隣に貼られた「茨城魂」のステッカーに闘争心点火!こっちは「河川敷魂」(笑)

運転手さんが恐くてステッカー写真が撮れなかったぁ~。

★★AM7:30 会場到着

→ 泥試合を覚悟!主催者の努力に頭が下がります。

f:id:ichikawa-papa:20161122232104j:plain

☆☆☆AM8:45 スタートライン整列

→ F組の最後尾に並びましたが、周囲のランナーを見回すとみんなガチモード。ふざけた仮装用の金眼鏡を持ってきた事を後悔。

お前はジェニファーロペスかっ!(笑)

★★★★★AM9:13 F組ウェーブスタート

→ タイムロスは約2分。僕のレベルではグロスタイムなんて関係なし。陸連登録に届かないんだからネットタイムで十分。入りの5Kmは大渋滞ですが、イライラするのはバカの骨頂。流れに身を任せます。すぐに自分に似た体格と走力、グループで走っていないこと、そして何より自分と同じレベルのシューズを履いているマーカー探しを始めます。これ大事です。

★★★★★★★AM10:15 10Km地点

→ やっと風船を付けたSab4ペーサーに追い付きました。エリートレースを除き、国内で開催されている市民フルマラソンの隊列で、最も渋滞するはSub4ペーサーにつく集団です。

ペーサーの後ろに付くより、思い切ってペーサー前の空いてるスペースに出て、ペーサーを引き離さず、追い抜かれない距離感を保ち、逆にペーサーをイラッとさせるぐらいの図々しさを持つことがSub4を叩き出す最大のポイントだと僕は思ってます。

★★★AM10:30 15Km地点

→ 給水所でアミノバリューを一口。げげげっ!
これはアクアラインのリバース味っ!(笑)
でも飲まなきゃダメです。エネルギージェルも投入。

★★★★★★★AM11:00 21Km地点

→ あーっ、きゅうりとブルーベリーだっ!
これは絶対に取ります。ブルーベルーは抗酸化作用、きゅうりは90%が水分でカラダを冷却するカリウムが含まれています。

柴又ウルトラの時、50Kmの折り返し地点で、うどんは全くのどを通らなかったのですが、なぜかきゅうりは抵抗無く食べられました。これは僕の柴又の貴重な収穫のひとつです。

きゅうりを片手に3kmぐらい、ずーっとポリポリ食べながら、つくばっぽいのどかな道を進んで行きました。

今日はハーフ地点で終了です。



つづく