市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、遂に柴又100kで、憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【アクアラインからの逆襲★もう迷わない!の巻】

明日、レースを走る全ランナーの皆さんへ。
戦えっ! FIGHT!
最大のライバルは自分自身ですよ〜


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

絵に描いたようなスローダウンで幕を閉じた
アクアライン終戦から1週間...

あまりの失速っぷりにフィニッシュ直前、
どこからかカナブンが飛んで来て、
僕のランシャツに止まる躍動感の無さ(笑)

元アスリート佐藤大樹さんのツイートが、
僕のギザギザハート(古っ)に突き刺さります。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

生産性が低い (練習効率が悪い) のを、長時間残業 (異常な練習量) で誤魔化そうとするも、そんなんで海外の利益率 (レース結果) に敵うはずもなく、なのに新しい取り組みは一切行わず...(中略)

日本社会と長距離界の闇は同じに見える。
日本人は強くなれない性質なのか?


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ううっ、俺のコトじゃん(笑)

このツイートにエグられました。
ぐっさぐさのブッスブス...

「お前は仕事もランニングも本質は同じ!」
ということ...


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

僕は幼少の頃、小学校で散々イジメられ、
しくしく泣いて家に帰って来て、
ひと通り泣いたあと、冷たい能面ヅラして、
着々と報復を計画するタイプ(笑)

目には目を、歯には歯を...
坂には坂を!

そう、坂なんですよ。
僕のアクアラインフル目標タイムの密かな野望を、
木っ端微塵にした坂っ!

強い脚を作るのは坂なんです。
峠走の走り込みが、勝負に負けない脚を作るのです。

そんなコト、とっくの昔からわかってます。
だけど、僕が住んでいるのは千葉の平地ですから...


あれあれっ?


お前ん家、崖の下じゃなかったっけ?(爆笑)


そう言えば、僕が住んでいる地名の「真間」は、
「崖」という意味でした...



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今朝はムキになって自宅周辺の坂を走りました。

真間山弘法寺の坂 (強烈)
f:id:ichikawa-papa:20161029194224j:plain

真間山下の坂
f:id:ichikawa-papa:20161029194342j:plain

里見公園の坂
f:id:ichikawa-papa:20161029194428j:plain

国府台病院下の坂 (市川元旦のクライマックス)
f:id:ichikawa-papa:20161029194524j:plain

須和田公園の坂 (市川元旦のニューフェイス
f:id:ichikawa-papa:20161029194634j:plain

江戸川河川敷の坂 (まいど)
f:id:ichikawa-papa:20161029194729j:plain


なんだおー、
自宅からジョグ半径5分エリアは坂だらけ...

もしかしたら千葉県民として、坂に関しては、
めちゃくちゃ恵まれた環境なのかも知れません。



もう一度、出直して来ます......


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日の夕方、クルマで買い物に行く途中、
カーステレオのFMで、チェッカーズ
涙のリクエスト」が偶然かかりました。

「ダイヤル回すあの娘に伝えて...」の歌詞に、
助手席に乗ってたうちのJKがつぶやきました。

「意味わかんない...、ダイヤル回すって...」

......(笑)


おわり