市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、遂に柴又100kで、憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【ランニング障害】正しいマメの処置方法?

今日はお酒を一滴も飲んでないので、僕の基本、メディカルネタです。僕は月間走行距離が200km程度。ゆるジョグ、ゆるフル、ゆるウルトラが信条です。


それでも一丁前に足裏にマメなんか作っちゃったりします。


f:id:ichikawa-papa:20160904145438j:plain

f:id:ichikawa-papa:20160904145502j:plain


前回のウルトラのDNFも、母指球の内側に沿って出来た大きな三日月型のマメを、レース中盤でつぶしたコトが大崩れの発端でした。


足裏の出血を自覚した時点で、絆創膏とテーピングを入れたドロップバッグが置いてあるエイドまで、一旦戻れば良かったんです。


でも50kmの折り返しを過ぎてから、足裏のマメの処置の為に、数キロ逆走するというコトが狂気の沙汰に思えて、ぎりぎりゴールまで行けるだろうという、何の根拠も無い甘い判断の結果、玉砕したのでした。


いろいろなランニング本や、家庭の医学本を読んでも、マメはつぶさずにパッドを当てて放置が基本みたいですね。


今回は一般的に正しいとされる処置を、愚直なまでにやってみようと思います。自己流の処置で大失敗しましたから。


f:id:ichikawa-papa:20160904145741j:plain

f:id:ichikawa-papa:20160904145806j:plain


でもこうやって、まじまじと上から見ると、全部右寄りです。きっと軸がブレているコトが原因なんでしょう。たぶん。


なお、アフターマーケットで販売している、スーパーフィートや、ビープラス等のサメ肌仕上げのインソールに、滑止め付きのランニングソックスを併せると、僕は20キロジョグ一発でアウトです。グリップが強すぎて遊びがなくなっちゃうのかな?


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


爪の3枚ミルフィーユ(笑)


f:id:ichikawa-papa:20160904150201j:plain