市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【お、おぉぉぉーっ!】

携帯どころかポケベルも無かった時代。

僕が所属していた高校陸上部の夏合宿の最終日は、短距離チームも長距離チームも恒例の峠走タイムレースで、岩原スキー場の中腹にあるキャンプ地のトラックをスタートし、山を一気に下って越後湯沢駅で折り返し、山登りでスタート地点に帰って来るという、ハードな10kmレースがありました。

毎年スタート前に顧問が「何かあったら電話しな」と言って、腕に油性マジックで電話番号を書かされて、十円玉を持たされたよなぁ(笑)


f:id:ichikawa-papa:20160726123450j:plain


仕事中に神保町の名店さぼうるの公衆電話で、じわっと想い出しました。

【今日のひと言】
さぼうるは昭和から時間が止まっている。

f:id:ichikawa-papa:20160726124422j:plain