市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、遂に柴又100kで、憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【出張中にボーッと考えてたこと】

またまた出張です。今、伊丹に着陸しました。まだ早朝で就業時間前です。はいはいプレミアムクラスのお客様が優先です。どうぞお金持ちファーストでお降りください。

ただ、僕も急いでいるから、この時間の便を選んでいるんですけど、インバウンド観光客様の、大量な機内持ち込み荷物で、前方をすっかり塞がれてしまい、もう僕は最後でいいです。放っておいて下さい...

という絶望的な気分で、機内後方の席からボーッと空港の景色を眺めていました。

f:id:ichikawa-papa:20160629151623j:plain


そんな時、僕が憧れている職業ベスト3を、急に思い出してしまいました。3つのうちの1つが突然、視界に飛び込んで来たからです。
.................................................................

そのひとつはオーケストラのコンダクター(笑)じつは仕事の関係で、炎のマエストロ、コバケンの指揮を観たコトがあり、すっかり魂を揺さぶられてしまったのです。

f:id:ichikawa-papa:20160629150752j:plain


コバケンは幼少の頃、ベートーヴェン交響曲第九番を聴き、感動という純粋な気持ちから独学で音楽を始めた、脳より身体が先に動くタイプ。

体育科の教諭を父に持ち、若い頃は100mをノンスパイクで11秒を叩き出したスプリンターでもあり、何か自分に重なる部分が多く、勝手にリスペクトしています。

→ すいません、ウソです。重なっているのは父親の職業と、高校時代の陸上都大会で、台風一過の強風の為、追い風参考記録で、ガチガチのスパイク履きで、たまたま出た11秒5だけ。時計は手押しだし(笑)
..................................................................

気を取り直して、ふたつめの憧れは......
オリンピック男子陸上100mのスターター!
On your mark...Set...Goですね。

f:id:ichikawa-papa:20160629151000j:plain


コレはもしかしたら、アメリカ大統領、中国共産党トップに上り詰めるより、更にハードルが高そうです。

今は消音ピストルが主流ですが、世界最速をピストルで捌くってメチャクチャ憧れます。
............................................................

そして最後、そう今、僕の視界に飛び込んで来た、子供の時から憧れのシゴト。

それは、マーシャラー!(笑)

巨大な航空機をパドルで誘導し、駐機スポットに記された、たった数十センチ足らずのオレンジ色のラインの上に、機体をピタリと停めるプロフェッショナルな仕事人。

航空機の着陸は何回もヤリ直しが出来ます。しかしマーシャラーは絶対に一発で決めなければなりません。仕事に対する責任と覚悟、それを下支えする訓練が半端ないのです。

f:id:ichikawa-papa:20160629151449j:plain


やってみたいんです。パドルひとつで、巨大な航空機をコントロールしたい。

憧れているのは僕だけだろうと勝手に思っていたんですが、空港のグランドハンドリングに従事する方々なら、誰もがそれを目指す、花形の仕事みたいですね。

たぶん多くの方は、間もなく消える仕事と判っていると思います。今や最新施設の空港は赤外線で誘導するのが主流です。しかし有事の際、信号が消えた街の交差点で、警察官の手旗信号が機能するように、永遠に無くならない技能職だと僕は思います。

まあ僕はムスメが自動車免許取ったら、自宅の車庫入れ誘導で我慢しておきます(笑)

人間じゃなきゃ出来ない仕事。機械だけでは成立しない仕事に、僕は徹底的にこだわろうと思いました。

【今日のひと言】
支配欲が強いのかな(笑)