市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、柴又100kで、遂に憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【柴又ウルトラ敗戦処理、いいオトナが怒られた】

整形外科で診断の結果が出ました。


f:id:ichikawa-papa:20160607220940j:plain


脛骨と踵骨の隙間が詰まって、足首の可動部が狭まり、衝撃を吸収できない状態で、過剰な負荷がかかった為、全体重を支える足首の一番弱い部分から炎症が拡大。骨折に至らなかったのが幸いだったとのコト。


ひとまず安心しましたが、テーピング固定、炎症止め投薬、飲酒禁止、当たり前ですが、ランニング禁止となりました。


f:id:ichikawa-papa:20160607225855j:plain


野球で負傷した時も診てもらってる、会社に近い整形外科で、これまで治療に関する沢山の約束ごとを破ってきた経緯があり(笑)、僕には厳しいコトを言う先生なので、怒られたくなく、河川敷をいつもよりゆっくり、少し長めにジョギングしてたら、こうなったとしか言いませんでした。だって事実です。


f:id:ichikawa-papa:20160607220508j:plain


クスリの向こうに見えるビールは、骨折してなかったお祝いのご愛嬌。

...............................................................


じつは本当の事を言うと、初めから僕の脚力ではウルトラの翌日、結果はどうあれ、月曜の朝から普通に仕事が出来る自信はなく、勤務扱いになる会社指定の医療機関で人間ドッグの予約を入れていたのでした(笑)


また再来週から長期出張の予定だし、週の後半は医療機関の予約が一杯、このタイミングしかなかったんです。


月曜の朝、左足首をパンパンに腫らして人間ドッグに行きました。筋肉痛でバリウム飲まされて、検査台でローリングするその辛さは、ウルトラ途中棄権の罰ゲーム拷問として黙って耐えました。


しかし、当日に判明してしまう血液検査の結果、肝機能ALT値の基準値5〜45が、驚異の143を叩き出します。肝細胞崩壊レベルです。完全なエラー数値なので、ドクターから尋問となりました。


f:id:ichikawa-papa:20160607222551j:plain


す、すみません。じつは昨日...


......ドクターから怒られました。


マラソンと人間ドッグは一ヶ月程度、日程の間隔を空けること。


この先の説明は面倒くさいので得意の割愛、

カッツアイ!


f:id:ichikawa-papa:20160607232247j:plain


僕以上にハードワークをした皆さん、内臓は大変なコトになってますよ!


【今日のひと言】

医療費はヘッドライト代を超えていく。


f:id:ichikawa-papa:20160608000040j:plain


つづく