市川パパのRUN日誌®︎

市川真間に住む一児のパパです。2017年6月、遂に柴又100kで、憧れのウルトラのパパになれました。シュワッチ!切れ味鋭いカミソリより、何でもブッタ斬るナタになりたい。

【柴又ウルトラDNF経由 病院行き】

先週末の柴又ウルトラでは、前半で母指球のマメを潰し、50km地点でリタイアすればいいものを、スペシャルバッグに入れたLEDヘッドライトを捨てられず、結果的にはリタイアを決めてから、暗闇に包まれた最終関門の80km地点まで、無茶してしまいました。


f:id:ichikawa-papa:20160606155510j:plain


月曜の朝、郵便受けに新聞を取りに行った時、自分の脚を見ると、痛めた右足裏とは逆の左足首が、柴又でもらったTシャツ色に変色し、パンパンに腫れあがっていました。


最初はゲイターを着用していたコトも忘れ、日焼けしたなあと呑気に思ってました。


f:id:ichikawa-papa:20160606155341j:plain


たぶん無意識のうちに、右足裏の痛みをかばうような走り方をしてしまい、逆の左足首に負荷がかかったんだと思います。


まだ月曜の朝は、痛みより不甲斐ない自分に対する怒りの方が圧倒的に強かったので、放っておけという気分でした。


現在もアイシングを続けていますが、腫れが引かず、足首に全く力が入らない状態が続くので、火曜日に会社の昼休みを使って病院へ行って来ようと思います。


皆さまも日頃のストレス解消で、多少の無理は良いですが、絶対に無茶はダメです。


フルマラソンまでなら、多少ごまかしが効きますが、ウルトラは絶対にそうはいかないという事を存分に知らされました。


恐るべし、ウルトラマラソン


他人が撮った写真は嘘をつかないものですね。脚を引きずっているところをしっかり撮られていました。


f:id:ichikawa-papa:20160606195248j:plain


これでブログを始めた当初の予定通り、河川敷草野球の脚力強化目的で、マラソンの草レースを走り始め、調子ぶっこいて河川敷のウルトラマラソンで玉砕し、笑いを取るという筋書きは現実のモノとなってしまいました。


数年前、春季大会の準決勝戦で、ノーアウト満塁のチャンスに、キャッチャー前ゴロに倒れた以来、久々に悔し涙をこぼしました。


泣いたのはまた河川敷(笑)


しかしコレに懲りず、脚が完治したら、また僕は走りだそうと思います。


最後に...


これは偶然なのですが、下の写真は私の娘が描いてくれた背中に付けたゼッケンです。


汗でグチャグチャになっちゃいましたが、最初からすべてを見通して、何かを予感させる因果めいたものを感じ、鳥肌が立ちました。まぁパクりなんですけど(笑)


f:id:ichikawa-papa:20160606173253j:plain


僕が大好きな映画、バックトゥザフューチャーのドクの名言です。


【今日のひと言】


未来は自分で作るものだぞ。

毎日を大切にな。



おわり